北海道

露天風呂「滝見の湯」 (岩尾別温泉)

最終入湯日 : 2008-7/20

芒硝泉?

北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別
野天風呂 × 1
無料24時間

岩尾別温泉にある、ホテル地の涯。「ちのはて」と読みます。知床半島の奥深く、地の果てと言うイメージがそのまんまの場所にあります。そのホテルすぐ傍に野湯があると聞きました。
ちなみに、この野湯はホテルの所有物と言う噂も聞きましたが、地元の人によると違うらしく、夜中に入っても良いのだそうです。と、言うわけで、行ってみる事にしました。

さて、たどり着いたホテル地の涯は、まさしく知床のどん詰まりのような所です。もっと奥には有名なカムイワッカの滝などもありますが、一般車は入る事が出来ないので、自家用車で行く事が出来るのはここが一番奥と言う事になります。
そのホテル目の前に野湯の入り口があります。登山道のような足場の悪い道で、辺りは真っ暗。携帯の光で足元を照らしながら、少し進むと、まず「三段の湯」と呼ばれる野湯が見えてきました。とりあえずこれは後に入ると言う事で、パス。
その道をまっすぐ進み、さらに奥にあると言うもうひとつの野湯を目指します。そこから更に50メートルほど進むと、「滝見の湯」と書かれた看板があり、2人入るのが精一杯のような湯船がありました。

辺りは真っ暗。そんな所に湯船がぽつんとひ とつ。これだけで感動です。
当然脱衣所なんかありませんが、スノコが置かれており、ちゃんと管理がされている事が分かります。管理して下さっている方に感謝。
暗闇の中で服を脱ぎ、お湯に浸かってみました。

いやぁ。・・ 熱いです。46度くらいあるかな。しかも、どうやら芒硝泉のようで、肌にビリビリと芒硝特有の刺激を感じます。
小雨が降る中だったので、天然の加水はされていますが、お湯の鮮度は抜群で、気持ちが良いことこの上無いです。お湯からはハッキリと分かる芒硝臭がします。

よく見ると、湯口はたぬきなんですね。さら によく見ると、、、 敢えて書きませんが、なんて立派なのでしょう。立派過ぎて体とのバランスが取れていませんよ?

それにしても、すばらしいお湯です。頼れる明かりは携帯のLED照明だけです。
真っ暗闇で、雨の中の野湯。快適とは程遠いはずの入浴ですが、不思議と癒されます。
お湯が熱めだったので長湯はしませんでしたが、気持ちよく入浴する事が出来ました。

世界遺産の中で、携帯の明かりを頼りに探して入った一湯。生涯忘れる事の出来ない思い出を作る事が出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました