静岡県

金谷旅館 (河内温泉) ★3.5

単純温泉
(源泉名:2種混合戦(尾防の湯、下湯原源泉))
48.3度 / pH8.12 / H21.11.27
Na+ = 100.3 / K+ = 4.4 / Ca+ = 18.3 / Mg+ = 0.3
Al+ = 0.2 / F- = 0.7 / Cl- = 47.7 / HCO3- = 58
SO4- = 92 / CO3- = 3.0 / H2SiO3 = 23.1 / HBO2 = 0.2
成分総計 = 361.4mg

静岡県下田市河内114−2
0558-22-0325
混浴内湯・女性用内湯・露天・貸切風呂(宿泊者専用)
大人1000円、小学生500円、幼児300円

伊豆下田にある「千人風呂」で有名な金谷旅館です。
下田では有名な老舗旅館で、旅行雑誌などで取り上げられる事も多く、私が湯めぐりを始めて間もない頃から気になっていた所です。
混浴と言う事が引っ掛かりなかなか行く機会がありませんでしたが、この日は近くに来たので行ってみる事にしました。

元旦なので日帰り入浴を受け付けているのか心配でしたが、駐車場に停めた瞬間にその心配は無用だった事が分かりました。
私達以外にも先客が2組おり、お風呂道具を持って宿に向かっています。
立ち寄り入浴にも力を入れているようで、元旦でも積極的に日帰り入浴客を受け入れています。

館内はいかにも老舗って感じの、古いながらも趣のあるお宿です。
総檜造りが名物の千人風呂は混浴ですが、女性用にも内湯があります。
私は勿論千人風呂へ、紅鮭と2歳になる長女は女性用の内湯へ向かいました。

浴室内には私と同じ日帰り入浴の先客が沢山いました・・・ ので、混浴と言う事もあり、カメラの持ち込みは自粛。

金谷旅館の名物と言われるだけあり、実に見事な檜造りの大浴場です。
千人風呂の由来は千人入れる程に広いからと言うもの。実際結構広い浴室ではありますが、寿司詰めにすれば100人は入れるであろう程の広さです。
千人風呂と言えば青森の酸ヶ湯温泉が有名ですが、その酸ヶ湯も1000人は入れません。
その酸ヶ湯と比べてもちょっと狭く感じます。

でもまぁ、広さだけが全てではありませんからね!
総檜造りの浴舎は眺めているだけでも癒されます。
お湯は無色透明、無味無臭の単純温泉。少し温めで、40度あるかないかといったところです。
湯量豊富で盛大に掛け流されていますが、入浴客が多いのでそう思わせるのか、鮮度は可もなく不可も無くって感じです。
とても柔らかく感じるお湯で、浴室全体に漂う檜の匂いは結構好きです。

広い湯舟で湯底も深いので、何だかまるでプールみたいです。
浴槽の縁に寄りかかるような入浴スタイルになるのですが、入浴客も多く常にお湯が揺れるので、バランスを取り辛くあまり寛げないのが難点。

で、ここからは少し毒づきますが、私はやっぱり混浴は嫌いだなぁ~
女性脱衣所からも千人風呂に入る事が出来るようですが、その女性用の出入り口を見張るように入浴している輩が数名いるんですよね。
たまに女性が入れるかな?って感じで顔だけ出すのですが、「無理無理!」と言って引き返してしまうんですよね。

我が家も紅鮭&長女がいたので、可能であれば一緒に入りたかったですが、この雰囲気では到底無理です。
女性が千人風呂に入るには宿泊するしか無さそうですね。

.

2016年 1月1日 ー 初訪問・日帰り入浴

コメント

タイトルとURLをコピーしました