安楽・妙見温泉鹿児島県

妙見館 (妙見温泉) ★3.5

ナトリウム・カルシウム。マグネシウム-炭酸水素塩泉
(源泉名:妙見温泉12号)
52.4度 / pH6.5 / H16.6.21
Na+ = 216.9 / K+ = 33.9 / Ca++ = 142.6 / Fe2+ = 1.4
NH4+ = 1.5 / Mg+ = 70.5
Cl- = 133.9 / HCO3- = 1083 / SO4- = 87.8 / F- = 0.1
CO3- = 0.3 / H2SiO3 = 153.1 / HBO2 = 10.4 / CO2 = 529
成分総計 = 2464mg

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4235
0995-77-2211
男女別内湯
大人 300円、小学生以下 150円
9:00 ~ 19:00

きりしまゆ旅を利用した湯めぐり8箇所目はこちら、妙見温泉の田島本館さんです。
天降川を渡河出来る虹の吊り橋のたもとにあります。
ただ、車で来ると吊り橋は渡らずに宿に到着してしまうので、その点だけが少し残念です。吊り橋を渡りながら宿に入る事が出来ればテンション上がるんですけどね。

お風呂は元湯とうたせ湯の2箇所あります。
折角だから両方入りたいところでしたが、この日は既に8箇所温泉に入っていて満足していた事と、紅鮭の妹が1歳になる娘と一緒に車の中で待っていたので、うたせ湯一箇所に絞って利用させて頂きました。

受付には貫禄たっぷりのご主人(女将さん?)が鎮座していらっしゃいました。
隣にあひる隊長を置いて撮影させて頂きましたが、全く物怖じせずに堂々としています。

さて、利用させて頂いた打たせ湯。
入ってすぐ右手に温泉成分で茶色く変色した年季の入った湯舟がひとつと、その奥に打たせ湯があります。

お湯はうっすら笹濁りで、金気臭と土類系炭酸臭が香る、妙見らしい気持ちが良いお湯です。
温度は少し熱めの44度程度に調整されていました。
勿論完全掛け流し! 鮮度がとても良いです!

湯口から注がれるお湯を少し口に含むと、口の中が渋くなる金気味と、シュワっと炭酸を感じる事が出来ます。

こちら妙見と隣接する安楽のお湯は、どこに入ってもお湯の使い方が素晴らしくて、とても大好きな温泉地です。
今回は元湯に入らず帰ってきてしまったのですが、改めて思うと少し勿体ない事をしてしまいました。

いつの日か再訪して、元湯の方も浸かってみたいですね!
再訪するのが楽しみです。

.

2014年 12月29日 ー 初訪問・日帰り入浴

コメント

タイトルとURLをコピーしました