大分県

螢川荘 (川底温泉) ★4.0

単純温泉
(川底温泉) 86度 / ph7.03 / 160L

大分県玖珠郡九重町大字菅原1453
0973-78-8234
混浴内湯 ・ 女性専用内湯
500円
8:00 – 21:00

前日泊まった壁湯温泉から車で5分程度の場所にある、国道沿い、山間の一軒宿です。
国道沿いとはいえ、周辺は山と木々に囲まれたとても落ち着ける空間で、秘湯と呼ぶに相応しい、佇まいです。旅館の目の前には川が流れており、橋を渡った先にお宿があります。
別に珍しいロケーションではありませんが、こう言う造りってなんだか癒されますね。

午前中に訪れたせいか、内部はとっても静かです。玄関先はあまり広くなく、まるでどこかの民家のような印象すら受けます。中に入り、「ごめんくださーい」と叫ぶも、暫く誰も出てきません。
おや・・・居ないのかな?料金箱制かな?そんな事を考えながら、少し中に入ってたら、突然管理人のおばあちゃんが出てきました。あービックリした。
入浴をお願いすると、快くOKとの事です。おりあえずお金を払い、中へ。
お風呂は入ってすぐの所にあり、廊下からガラス越しに丸見えの造りになっていました。

こちらのお風呂は混浴です。とても広々とした内湯で、湯船が3つ並んでいました。
実に素敵な風情です。今でこそ、少し薄暗くて鄙びた感じがするものですが、完成直後はきっと立派なお風呂として近隣に知れ渡ったのでは無いかな?
奥が熱めで、手前側が温めになっていました。
鮮度の良いお湯を楽しみたかった私は、迷わず奥に入りました。

お湯は無色透明で、無味無臭です。一番奥の湯船はちょっと熱く、45度程度でしょうか。
前日宿泊した壁湯温泉の福元屋がぬる湯でしたので、矢鱈と熱く感じます。
湯底には玉砂利が敷き詰められていました。なんと、足元自噴なのだとか。
浴槽の一部からは不定期に気泡がポコポコと駆け上がり、沸いている事を実感することが出来ます。
ただ、足元自噴だけでは湯量が足りないせいでしょうか、他所からもお湯を足しています。
奥の湯船のすぐ隣に源泉を冷ましている貯め湯があり、そこで冷やされたパイプで浴槽内に直接注がれていました。

お湯そのものの印象は、あまり特徴を感じるものではありません。僅かに温泉臭のような物を感知できますが、微々たる物。
泡付きもツルツル感もありません。
ただ、一番奥の湯船に限って言えば、鮮度がとても良く、たまに上がってくる気泡に癒され、印象は悪くありません。
結構気に入りました。

ちなみに、混浴以外にも女性専用のお風呂があります。使われている源泉は恐らく一緒ですが、こちらは残念ながら足元自噴では無いとの事。
ちょっと残念・・・
風情の良さとお湯の鮮度がとても印象的だった一湯です。

2007-10/6

コメント

タイトルとURLをコピーしました