長野県

食堂 栄楽 (新湯田中温泉) ★4.0

ナトリウム-塩化物温泉?

成分表はお持ちで無いとの事

長野県下高井郡山ノ内町大字平穏3284
0269-33-2262
内湯 × 1
食事をすれば無料
10:00 – 20:30 (食堂営業時間)

湯田中駅から共同浴場の「鶴の湯」と「亀の湯」へ向かう途中に見つけた中華料理店です。
なんと、看板に「内湯」「ご入浴」などと書かれているではありませんか。
友人が確認してみたところ、食事をすればお風呂に入れるとの事です。
お昼ご飯を頂くついでに入浴して参りました。

ちなみに、私が頂いたのは、ラーメンです。通常500円で、大盛りにしたので+150円。
出てきたのは、昔ながらと言う感じの、とても素朴なものです。
味はまあまあ。こんな感じかなってお味です。
メニューでラーメンが最初に来ていなかった為、ココの主力商品と言う訳ではないみたいですね。
次回は他にも色々と食べてみたいものです・・・

さて、肝心のお風呂。なんと地下にありました。アプローチがとても良い感じです。
お風呂は内湯のみで、男女別に別れていないため、貸切で利用するみたいです。
タイル張りでとても鄙びた印象の浴室に、3人程度入れる小さな湯船がひとつあるだけの、とてもシンプルなものです。
地下とは言え、傾斜している場所に建っているため、窓から庭が見えます。
どうやら昔は露天があったと思われ、庭の一部に草木で埋まった湯船のようなものがありました。

お湯は、所々茶色い湯花が舞う、透明なものです。完全な掛け流しで、適温に調整されています。元々利用者が少ないので、お湯の鮮度は非常に良い印象です。
湯口付近でお湯の臭いをじっくり嗅ぐと、僅かに硫黄臭らしきものを感知出来ました。
肌触りがシットリツルツルするお湯で、お湯から上がっても少しベタつきが残るので、塩分も含まれているような印象です。
口に含んでみたところ、ごく微量に塩味を感じました。

浴後、ご主人にお話を伺ったところ、ここの源泉は有志で掘ったものだそうで、現在は5軒にしか引湯されておらず、旅館とは別のものだとの事です。
成分表を見たいとお願いしたのですが、保管されていないようで・・・源泉名とか少し気になりますね。

お店自体は元々中華料理屋さんだそうですが、宴会などにも対応しており、夜中通して飲むお客さんにも対応出来るように、宿泊の許可も取っているのだとか。
なるほど・・・料理を食べながら飲んで、風呂入って、寝る。
普通の旅館で当たり前のように出来る事ですが、中華料理屋で出来ると聞くと、なんだかとても特別な事のような気がしてしまうから不思議です。

食堂系が好きな温泉マニアには是非ともお勧めしたい所ですね。
再度湯田中を訪れる機会があれば、小腹空かせてまた立ち寄ってしまいそうです。
思わぬ掘り出し物をしてしまった感のある、素敵な一湯です!

2007年 7月14日 - 初訪問時のレポート

2008年4月26日 - 再訪

再訪しました。再びラーメンを食べる。おや?今日の方が前回より美味しく感じました。

お湯は、前回同様、絶品です。ゲキアツで鮮度が抜群!
鼻先をくすぐる石膏臭+芒硝臭+硫黄臭のささやかなハーモニーが素晴らしい~!
ココは湯田中で湯めぐりをする際に何度でも来てしまいそうです。
小腹が空いた時は温泉とセットで是非とも立ち寄ってみて欲しいですね~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました