長野県

わくわくの湯(みやま温泉) ★3.5

含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

長野県下高井郡山ノ内町平穏821
男女別露天風呂
0269-33-2260
500円
10:00 – 21:00

みやま温泉は、草津志賀道路(国道292号線)の長野県側終点近くにある温泉です。
周辺は温泉の宝庫で、「渋温泉」「角間温泉」「上林温泉」「熊の湯」などがあるのですが、たまたま見つけ、どんな所かも分からないままに、ふらっと立ち寄ってみました。

みやま温泉にある施設は、日帰り温泉施設の「わくわくの湯」と、民宿「みやま」の2軒のみです。
草津志賀道路のインターチェンジと県道の間に位置し、ぱっと見では温泉が沸いているような場所には見えません。
今回私が利用したのは、日帰り施設のわくわくの湯です。
なお、このわくわくの湯と民宿みやまは同じところが経営しています。

施設内部ですが、券売機で入浴券を買い、駅にある自動改札のようなものに券を入れて中に入る仕組みになっています。
休憩所と自販機コーナーがあるだけの、比較的シンプルな入浴施設です。
ぱっと見た限りでは、貸切風呂や食堂の類は見当たりませんでした。

浴場は、広々として使いやすい脱衣所と、洗い場2箇所、露天岩風呂1箇所の、とても機能的かつシンプルな造りをしています。
岩風呂には無色透明のお湯が掛け流されており、白い湯花が所々浮いています。
お湯は塩化物を含む硫黄泉で、ほんのり仄かな焦げ硫黄臭が心地よい、とても優しい感じのお湯でした。

ちなみに、このみやま温泉ですが、源泉温度は91度と非常に高温です。
それが、あろうことか、ほぼそのままの温度の源泉が湯口から掛け流されており、湯口付近(特にお湯の表面)は非常に高温になっている為、入る際は細心の注意を払う必要があります。

私が利用した際は、他に利用客がいなかった事もあり、お湯が攪拌されずに熱湯がお湯の表面に膜を張っているような状態で、知らずに指を入れてしまい、軽い火傷を負ってしまいました・・・
手を加えているお湯というのは、時として実にツマラナイものですが、まったく手を加えていないというのも場合によっては考え物ですね。

岩風呂の一角には打たせ湯があるのですが、「熱くなっていますので使用しないで下さい。」と書かれた案内板が張り出してありました。
折角の打たせ湯が勿体無い。
ここらへんは、改良の余地アリですね。

前述の通り、周辺には有名温泉地が数多くあり、他を差し置いてでもあえてこの「みやま温泉」でなければならないと言う感じではありませんでした。
しかし、日帰り温泉施設ならではの、遅い時間まで営業している点や、気を使う旅館の立ち寄り湯と違い、気軽に利用出来る事などから、ふらりと立ち寄るにはとても使い勝手の良い所だと思います。

湯口から熱湯、という難点もありますが、それだけお湯が新鮮という裏返しでもあり、機会があれば、また利用したい所だと思いました。

2005-7/9

コメント

タイトルとURLをコピーしました