塩原新湯温泉 栃木県

寺の湯 (塩原新湯温泉) ★4.5

酸性含硫黄-アルミニウム-硫酸塩温泉
(寺の湯) 74.3度 / ph2.2 / 自然湧出 / H5.7.20
H+ = 6.4 / Na+ = 37 / K+ = 11.3 / Ca++ = 78.9
Mg++ = 22.2 / Al+ = 102.4 / Fe++ = 14.8
Cl- = 11.9 / HSO4- = 251 / SO4– = 1180
H2SiO3 = 320.9 / H2S = 55.6
成分総計 = 2099mg

栃木県那須塩原市湯本塩原
混浴内湯
300円
7:00 – 18:00

塩原新湯温泉に3箇所ある共同浴場のひとつで、街道沿いの近く、比較的目立つ所にあります。
温泉街の中心にあるので、3つある共同浴場では大湯的な印象すら受けるものですが、完全に混浴なので、女性が入るにはとても敷居が高いです。
入浴料は、他と同じで300円です。
管理人は常駐していないので、入り口にある料金箱にお金を投入する仕組みになっていました。

中に入ると、脱衣所が左右にあります。男女別で使うように分けているのかは不明ですが、どちらにも目隠しになるようなものは無く、皆さん空いている方を自由に使っている印象です。
それぞれの脱衣所の先は同じ浴室に繋がっていました。

浴室内には湯船が2つあります。木造で、私の大好きな雲海閣のものとどこか似ている造りをしており、何故だか妙に落ち着きます。
お湯は白濁の硫黄泉で、どちらの浴槽にもほぼ同じくらいの温度のお湯が張られていました。
以前来た時は左側が激熱だったのですが、誰か水で埋めてしまったのでしょうか・・・?

ちなみにこのお湯、共同浴場すぐ裏手の噴気があがる湯畑から引いているみたいです。
源泉名も「寺の湯」とあり、旅館では共有源泉多く使われている中にあって、貴重な独自源泉なのですね。
肌触りがサラリとして浴後感の良いお湯で、とても気持ちが良いです。
外の光が浴室内まで差し込んでおり、お湯と湯気を照らしてキラキラと輝いているのが印象的で、思わず時間を忘れてゆっくりしたくなってしまいました。

混浴なのが難点ですが、とても素敵な一湯です。
余談ですが、成分表を書き写していて思った事に、この寺の湯、むじなの湯よりも濃いんですね。
どちらも印象が良いのですが、むじなの湯の足元自噴ばかりに目が行ってしまいがちですが、このお湯もそれにまさるとも劣らぬ名湯なのです・・・
いつまでも素晴らしいお湯が残っていてくれる事を願ってやみません。

2006年12月24日 - 再訪時のレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました