小野川温泉 山形県

二階堂旅館 (小野川温泉) ★3.5

含硫黄-ナトリウム・カルシウ ム-塩化物温泉
(協組第4号源泉高見屋源泉) 80.3度 / ph6.9
Na+ = 1412 / K+ = 123.2 / Mg++ = 4.3 / Ca++ = 547.2
Cl- = 3199 / Br- = 8.7 / HS- = 1.7 / SO4- = 78.3
H2SiO3 = 241.7 / HBO2 = 28.7 / CO2 = 24.4 / H2S = 2.5
蒸発残留物 = 5831mg

山形県米沢市小野川町2495
0238-32-2900
男女別内湯
500円
8:00 – 21:00

小野川温泉の温泉街一角、うめやの隣にある旅館です。
実に美しい湯屋建築をしている佇まいで、前回小野川温泉を訪れた時から気になっていた旅館で、今回立ち寄りで利用する機会を得ました。
受付で日帰り入浴をお願いすると、快く受け入れてくださり、とても好印象です。

お風呂は宿の奥まった所にあり、男女別で内湯のみです。
施設内部は建物外観から期待出来る通りに風情ある造りで、どんな浴室が待っているのかと期待で胸が高鳴ります。
さて、遂にたどり着いたお風呂・・・!ですが、アレ?柱のせいでグニョリと変わった形に曲がったタイル張りのもので、外観から期待する風情とは違うもので、ちょっと残念。
うーん、木造の激シブ浴場を想像したのですが・・・
ちなみに、この二階堂旅館に限らず、小野川温泉の宿は外観がどこも結構風情あるもので実に良いのですが、お風呂はタイル張りでそっけないのが多い気がします。
別にそれ自体は問題ないのですが、折角だから外観だけでなく中身も拘って欲しかったなぁ。
まぁ、メンテナンスの難しさとか、木造にした場合の問題も色々とあるのでしょうが。

さて、肝心のお湯ですが、無色透明でほんのり硫黄臭が香る気持ちが良いものです。
ちなみに、小野川温泉の源泉は組合で共同管理されている為、どこに行っても基本的には同じお湯です。
ただし、源泉温度が高いため、浴槽内のお湯を適温にする方法が各旅館で異なります。
熱交換を利用してドバドバ掛け流すうめやを除き、「加水して普通に掛け流し」か、「源泉チョロチョロ」のいずれか。
どちらも一長一短ですので、好みの問題ですが、この二階堂旅館は前者です。
湯口からは源泉と冷水がそれぞれ別々に湯船に注がれていました。

お湯の印象は、加水されている事もあり、薄めです。
硫黄臭も少し控えめで、直前に入った「100%源泉チョロチョロ」の扇屋に比べると少し物足りなさを覚えます。
その代わりと言っては何ですが、お湯の入れ替わる速度が速い為、鮮度は悪くありません。
あまり加水を肯定する気にもなりませんが、これはこれでなかなか気持ちが良かったです。
拘り無く入る分には全く問題無いでしょう。

お湯自体は特筆するものではありませんでしたが、瀟洒な湯屋風情が素晴らしい旅館です。
いつまでも素敵な佇まいのまま営業を続けて欲しいと思いました。

2006-6/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました