小野川温泉 山形県

ししどや旅館寿楽荘 (小野川温泉) ★4.0

含硫黄-ナトリウム・カルシウ ム-塩化物温泉
(協組第4号源泉高見屋源泉) 80.3度 / ph6.9
Na+ = 1412 / K+ = 123.2 / Mg++ = 4.3 / Ca++ = 547.2
Cl- = 3199 / Br- = 8.7 / HS- = 1.7 / SO4- = 78.3
H2SiO3 = 241.7 / HBO2 = 28.7 / CO2 = 24.4 / H2S = 2.5
蒸発残留物 = 5831mg

山形県米沢市小野川町2565
0238-32-2800
男女別内湯
500円
8:00 – 21:00

小野川温泉の中心、共同浴場尼湯の目の前にある旅館です。
今回の宿泊先として利用する事になりました。
ちなみに、一泊朝食付きで6000円です。素泊まりだと5000円になるのかな?
激安とは言えない金額ですが、立地条件が非常に良いのが嬉しい限りです。
お部屋はとても綺麗で、よくある湯治宿風情の素泊まり部屋とは全然異なります。
お布団もふかふかで、実に心地が良く、宿の方もとても親切でとても心癒されます。
また、朝食ですが、朝から地の物を取り入れたとても美味しいものでした。
宿の朝食なんて・・・まして、夕食を取らない朝食だけの宿泊ですので、手を抜かれて当然とも言えるのですが、全くそのような気配なしです。
お陰で朝から山盛り食べてしまい、何だか体重が気になってしまうと言う嬉しい弊害(?)が・・・
とても満足のお宿でしたので、今度は是非2食付で利用してみたいと思うのでした。

さて、肝心のお風呂ですが、内湯が2箇所あり、勿論男女別に別れています。
それぞれ若干広さが異なり、時間帯で男女を入れ替えて両方利用出来るようになっていました。
正直、「このお風呂だったら別に入れ替えなくても・・・」と思うような、タイル張りの普通の浴室なのです。
それでも両方入りたいお客さんへの配慮か、時間でちゃんと男女の入れ替えを行っており、宿のサービスの良さに頭が下がる思いです。
朝食の質にしても然り、些細な事ではありますが、お宿のさり気ない気配りを発見した時は嬉しくなってしまいますね。

私が利用したのは狭いほうで、寝る前にゆっくりと入らせて頂きました。
お湯は無色透明で微硫黄臭のする小野川の共同源泉が張られています。
源泉温度が非常に高温なため、加水して掛け流されていました。
仕方が無い事とは言え、お湯が少し薄まっており、少し残念な気もします。
ただ、浴槽が狭くお湯がドバドバと掛け流されている分、鮮度はすこぶる良く、お湯がとても清潔で気持ちが良いです。
100%に拘るあまり、熱いお湯が湯口からチョロチョロと勿体なさそうに注がれている所もありますが、これはきっと好みの問題でしょう。
お湯が並々と注がれた状態で湯船に入ると、溢れ出たお湯で洗い場に置かれた桶が移動してしまいます。
とても贅沢な気分になれ、入浴中は何度か溢れさせて遊んでしまいました。
お陰で湯上りは少しゆだり気味で、ぐっすりと寝れたのは言うまでもありません。

「加水有りでも悪く無いじゃん!」と思わせてくれた、素敵な一湯です。
何よりも、お宿の対応の良さがとても印象的でした。
個人的に頑張って欲しいお宿です。次回小野川を訪れる際も是非利用したいと思いました。

(それにしても小野川は素敵なお宿が多い。自分の身が一つしかないのが悔やまれます。^^;)

2006-6/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました