鹿児島県

共同浴場 江ノ島温泉(海潟温泉) ★4.5

含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
(協組第4号源泉高見屋源泉) 80.3度 / ph6.9
Na+ = 1412 / K+ = 123.2 / Mg++ = 4.3 / Ca++ = 547.2
Cl- = 3199 / Br- = 8.7 / HS- = 1.7 / SO4- = 78.3
H2SiO3 = 241.7 / HBO2 = 28.7 / CO2 = 24.4 / H2S = 2.5
蒸発残留物 = 5831mg

鹿児島県垂水市海潟
男女別内湯
200円
7:00 – 18:30

直前に訪れた「江洋館」のすぐ裏手にある鄙びた共同浴場です。
ちょっと路地入った所にあり、ひっそりとした佇まいが何とも素敵です。江洋館から海岸を右手に見ながら歩いていると小さな看板があります。

中はモチロン男女別。受付には管理人のおばあちゃんがおり、猫を抱きながらテレビを見ていました。入浴をお願いし中に入る。
とても鄙びた造りで、お世辞にも綺麗とはいえません。しかし、古さの中にも絶妙な風情があり、何とも落ち着ける風情です。

お風呂は内湯のみ。浴室中央に大きな湯船が一つあり、水面スレスレの敷居で仕切られています。
湯口は奥にあり、奥が熱め、手前が適温に調整されていました。
無色透明で見た目には特徴がありませんが、ほんのり香る甘い硫黄臭がするとても気持ちが良いお湯です。
肌触りはスベスベで、じっくり入っているとお湯の新鮮さが体にビシバシと伝わってきました。
湯口からはかなり熱めなお湯がドバドバと掛け流されています。

飲泉してみたところ、ほのかな甘味を感じるとても美味しいもので、飲んでから暫くすると硫黄の香りが鼻先をくすぐります。
それほど濃い味ではないのですが、とても美味しく、気が付いたら随分と沢山飲んでしまいました。

垂水に行った際は必ず立ち寄りたい名湯です。このままの風情と新鮮なお湯が残って欲しいと願うと共に、必ず再訪する事を固く
心に誓いました。
激しくオススメの一湯です。

オマケ

湯上り、番台を見ると猫がお留守番していました。
どうやらオバアチャンは女湯の清掃で席を外してしまったみたいですね。

(紅鮭撮影)

2006年 2月24日 - 初訪問時のレポート

2008年 12月 20日 - 再訪

再訪です。この場所に来るのは実は3度目です。しかし、前回友人と一緒に来た時は、定休日に当たってしまい、入ることが出来ませんでした。と言う事で、私自身入浴するのはこれで2度目です。
相変わらず良いお湯です。このお湯にどうしても浸かりたいが為に、紅鮭の実家がある鹿児島市内に向かわず、わざわざ垂水まで来てしまいました。
垂水から市内へ行くには桜島フェリーに乗らなければならず、かなりのタイムロスですが、無性に入りたかったのです。

久しぶりに浸かるお湯でしたが、やっぱり、良いです!
このお湯に浸かるために垂水まで来たので、じっくり長時間お湯を堪能しました。
お陰でヘロヘロです・・・

浴後、お風呂の玄関先にいた矢鱈とフレンドリーな猫と戯れていたところ、地元のおばあちゃんに櫻島みかんをご馳走になりました。これがまた甘くて美味しい!
私はとってもモノグサで、皮を剥くのが面倒で、あまりみかんを食べないのですが、この時は浴後で喉が渇いているのも手伝って、一気に4個ペロリと頂いてしまいました。
温泉に入って、美味しいミカンを食べながら、猫と戯れる。これ以上幸せなひと時があるでしょうか?


ちなみに、お婆ちゃんに猫の名前を聞いたところ、シャム猫だから「シャム」だと言われました。

ココは、お湯、地元の方々、猫、どれをとっても良いですね!
帰省する度に寄りたくなってしまう素敵な一湯です!

2016年 12月31日 ー 何度目かの再訪

.

江ノ島温泉は大好きなので、鹿児島に帰省する時にたまに立ち寄っています。
ここはいつ来てもとても長閑なんですよね。
お風呂の入り口付近にシャモかな? 鶏が放し飼いで歩いていました。

いつきても風情最高!

いつ来ても鮮度最高!

この素朴な共同浴場がいつ来てもこのままの姿でいてくれる事を願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました