鹿児島県

富士の湯 (姫城温泉) ★3.5

ナトリウム・炭酸水素塩温泉
57.8度 / ph7.6 / 74L / 動力 / H11.9.2
Na+ = 302.2 / K+ = 32.4 / Ca++ = 1.9 / Mg++ = 1.8
NH4+ = 0.3 / Cl- = 67.6 / F- = 0.5 / SO4– = 15.1
HCO3- = 706.6 / CO3– = 2.6 / H2SiO3 = 171.7
HBO2 = 9.7 / CO2 = 28.1 / 成分総計 = 1341mg

鹿児島県霧島市隼人町姫城2丁目163
0995-43-3021
男女別内湯 ・ 水風呂 ・ 露天
300円
10:00 – 24:00

鹿児島空港から車で15分程度、日当山にある温泉銭湯「富士の湯」です。
この日当山にはここ以外にも温泉銭湯が沢山ある、温泉地帯です。しかし、全く温泉地と言う雰囲気が無く、当たり前のように温泉銭湯が経っています。さすが湯の国鹿児島です。
ちなみに、直前に立ち寄った野鶴亭からは数百メートルしか離れていない目と鼻の先にあります。近すぎる為ナビが案内をしてくれず、かえって少し迷ってしまいました。

さて、内部。受付でお金を払い、広々とした休憩所の先に男女別浴室があります。
使い勝手良い広々した物ですが、少し年季が入っているようにも見えます。
お風呂は男女別で、それぞれ内湯と露天風呂があります。お昼だと言うのに、結構な数の利用者が来ていました。

浴室は結構広々としています。入って左手側にサウナ、熱めの湯船があり、左奥に温めの広い湯船、一番奥に寝湯があります。
右手側には洗い場がズラリ。
まずは熱めの湯船に浸かってみました。僅かに黒い湯花が舞う、気持ちが良いお湯で、鮮度はなかなか良いです。お湯からはほんのり潮臭のような、金気臭ような、成分臭が漂います。
ライオンの湯口からは源泉が惜しげも無く注がれています。
湯口近く、顔に飛沫が飛ぶくらいの場所に陣取り、じっくりと鮮度が良いお湯を堪能しました。

ちなみに、他の湯船も気持ち良いですが、やっぱり私は鮮度良い熱い湯船が良いかな~
温めのお湯には先客のオジサンが2人、気持ち良さそうに雑談しながら入っています。鹿児島訛りの会話を聞いていると、「あぁ、鹿児島に来ているんだなぁ」と実感します。
紅鮭の実家が鹿児島なので、鹿児島には度々来ており、最近は以前のように「鹿児島来たぞー!」と言う実感が沸かなくなりつつあります。
こうして地元の方々の話し声を聞きながら入るお湯は格別ですね!

あと、オマケで、露天風呂もついていました。
なんかとっても浅くて、寝湯のようです。ちゃんと掛け流されています。
お湯は温めで、子供がプールのように遊ぶには良さそうです。
その浅い湯船の隣には、岩風呂のような湯船がありましたが、お湯が張られておりませんでした。

2008-12/20

コメント

タイトルとURLをコピーしました