霧島温泉郷 鹿児島県

民宿 きりしま路 (霧島神宮温泉) ★4.0

単純温泉
58.8度 / ph5.7 / H10.7.17
Na+ = 4.8 / K+ = 1.9 / Ca++ = 7.5 / Mg++ = 1.7
NH4+ = 5.8 / Cl- = 2.1 / S2O3– = 0.9 / HCO3- = 42.7
SO4– = 12.3 / H2SiO3 = 27.8 / CO2 = 110
成分総計 = 217.5mg

鹿児島県霧島市霧島田口2459
0995-57-0272
男女別内湯
200円
営業時間 要相談

霧島神宮の正面入り口、お土産屋さんなどが並ぶ一角にあるお宿です。
直前に立ち寄ったあかまつ荘とは目と鼻の先にあります。
こちらは1階部分はお食事所になっています。入浴をお願いすると、レジで入浴代の支払を受け付けて下さいました。なんか、ちょっと、不思議な気分です。

お風呂は食堂の奥にあります。調理場を横目に廊下を歩くと、一旦建物の外に出ます。
すぐの所に、コンクリートの湯小屋があり、そこに男女別の内湯がありました。建物の裏手にあり、何だか、ジモ専共同浴場のような雰囲気があります。
女湯に先客がいるようで、にぎやかな話し声が聞こえて来ました。地元の方たちがお風呂に入りに来ているようです。

霧島神宮の正面入り口、お土産屋さんなどが並ぶ一角にあるお宿です。
直前に立ち寄ったあかまつ荘とは目と鼻の先にあります。
こちらは1階部分はお食事所になっています。入浴をお願いすると、レジで入浴代の支払を受け付けて下さいました。なんか、ちょっと、不思議な気分です。

お風呂は食堂の奥にあります。調理場を横目に廊下を歩くと、一旦建物の外に出ます。
すぐの所に、コンクリートの湯小屋があり、そこに男女別の内湯がありました。建物の裏手にあり、何だか、ジモ専共同浴場のような雰囲気があります。
女湯に先客がいるようで、にぎやかな話し声が聞こえて来ました。
地元の方たちがお風呂に入りに来ているようです。

さて、そのお風呂。にぎやかな女湯とは打って変わり、男湯には誰もいません。
手前に洗い場、奥に湯船と言った、シンプルな造りをしています。うっすら青く光って見える透明なお湯が張られており、みかんが大量に浮いていました。
そのため、浴室内には源泉そのものの硫黄臭と、柑橘系の香りが混じり、妙にフローラルです。ちょっと不思議な気がしないでもありません。

お湯そのものの印象は、ツンと鼻を刺す硫黄臭を感じる物です。肌触りはトロトロで、しっとりと馴染みます。暫く誰も利用していなかったのか、湯底には白い湯花が沈殿していました。


沈殿した湯花に文字を書くとハッキリと読めます。湯めぐり仲間のブログタイトルを書いてみました。なかなか良い出来と自画自賛。


お湯は少し熱めで44度くらいあります。鮮度が素晴らしく、浴感のあるお湯です。
最初はなんとなく気になったミカン臭ですが、暫く入っていると、これはこれで悪く無いような気がしてきます。
ちなみに、外で焚き火をしているようで、ほんのり焦げた臭いも入ってきます。
うーん、焼きミカン?

風情もお湯も、なかなか良かったです。
個人的なツボにはまった一湯です。

2008-12/21

コメント

タイトルとURLをコピーしました