大分県 鉄輪温泉

大黒屋(鉄輪温泉) ★4.5

弱食塩泉

大分県別府市鉄輪上3組
男女別内湯
0977-66-2301
日帰り:300円 / 宿泊 素泊まり2500円 -
11:00 – 16:00

一泊目は遅い時間にチェックインで、素泊まり、二泊目は朝夕二食付というプランで、連泊して来ました。

お風呂は交代制で利用する内湯が一つ。
結構広々とした岩風呂風になっており、薄く黄白濁したお湯が張られています。


源泉が熱いため、若干加水して利用しているとの事でしたが、それでもまだまだ熱く、ガツンと入り応えのあるお湯でした。
臭いはほぼ無臭。口に含んでみると、ほのかな塩分を感じます。
源泉温度が88度と非常に高いため、加水して温度調整をしているみたいですね。
まぁ、お湯だけで言ったら、それほど特徴的とは思えないのですが、特筆すべきは宿の軒先で利用出来る、「地獄蒸し」です。

話は少し飛んで、この鉄輪温泉は、別府温泉郷でも湯量の多さで特に知られており、街中の至るところから源泉の湯気が立ち上る地熱地帯です。
勿論、街中はコンクリートなどで舗装されているのですが、少し掘れば熱湯が噴出すんだとか。
「地獄蒸し」は、その熱湯の蒸気を利用して食材を蒸しあげる調理方法で、古くから湯治客を中心に利用されてきたのだそうです。

二泊目の夕食時、この地獄蒸し料理を頂いたのですが、これがまた絶品!
女将さん曰く、「ただ、下味をつけて蒸しただけ」とのことでしたが、肉や魚介類はとても柔らかく、野菜類は素材そのものの甘味が引き立って、とても美味しく頂く事が出来ました。
鶏の手羽先が出たのですが、これが実に柔らかい!普通、筋が歯に挟まるし、綺麗に食べる事が難しいのですが、フワフワに仕上がっており、唇で噛み切れるほどに食べやすくなっていました。

うーん、地獄釜、ウチに持って帰りたいくらいです。(笑)
地獄釜から吹き上げる湯気の臭いを嗅いでみたところ、別に何も蒸していないのにとても美味しそうな匂いがして、「これが温泉の匂いか!?」と、ただただ驚かされるばかりです。


夕食時、宿の若女将さんに色々と話を伺う事ができ、別府の事、地獄蒸しの事など、色々と教えていただきました。
大黒屋さんの湯量は特に豊富らしく、他所の旅館などにもお湯を分けてあげているそうです。

宿の周りに猫が沢山いたので、「何故?」と聞くと、地中に張り巡らされた温泉の配管が暖かく、猫が集まってしまうんだそうです。
試しにコンクリートの地面に手を当ててみると、なるほど、確かに暖かい。
猫には天国のようなところですね。路上の猫を見ていると、何とも癒されます。
副作用としてなのか、蚊も矢鱈と沢山いたのには少し閉口でしたが・・・^^;
まぁ、温泉に入ると不思議に痒みも引くので、ヨシとしましょう。

夕食後、若女将さんの厚意で、鉄輪むし湯で使う為の浴衣を貸して頂きました。
とても感じ良くお世話して頂け、私もツレのYokoも大感激!
所謂湯治宿なので、高級旅館のような洗練された接客はありませんでしたが、何だか久しぶりに会う親戚の家に来たような気楽さがあります。
とてもアットホームで暖かい接客をしていただき、楽しい一時を過ごす事が出来ました。

なお、宿泊の予約はインターネットの「じゃらん」で取りました。
宿泊後、この大黒屋さんに対する口コミを投稿したのですが、その返信で、若女将さんの人柄を良くあらわす、とても心温まる返信を頂きましたので、勝手に紹介させて頂きます。

<私の投稿>

初日素泊まりで遅い時間にチェックイン、二日目は二食付きで利用させて頂きました。
地獄蒸しは絶品の美味しさ。下味をつけて「蒸しただけ」との事でしたが、食が実によく進み、ビールも美味しく頂けました。
また、女将さんはとても気さくで親切な方で、色々とお話が出来て楽しかったです。
お宿すぐ傍にある鉄輪むし湯に入るための浴衣を貸し出して頂けたりと、至れり尽くせりのサービスで、とても居心地良く利用する事が出来ました。
東京からだと別府はなかなか遠く、そうそう利用する事は出来ませんが、来年も都合がつけば是非お伺いします。
なお、余談ですが、チェックアウト後には鍋山、へび、鶴の野湯なども回り、26箇所入浴できました。
とりあえず3段です。こうなったら、ゆっくり時間をかけて、名人を目指します。^^

<若女将さんからの返信>

JaKe様御宿泊、有難うございました。それに大変恐縮な口コミ、涙が出る程嬉しく何度も何度も読み返しました。(^^)
とても励みになり、又これからお泊り頂くお客様にもJaKe様みたく喜んで頂ける様に、頑張ろうと思っております。
名人目指して、又お越し下さい。お待ちしております。(鹿児島の黒豚を地獄蒸し、飲みましょうね!)
ところで稲刈りバッチリでしたか?(^^)朝、夕肌寒くなってきましたので、風邪などひかれません様に、お身体御自愛下さい。本当に、本当に口コミ有難うございました。

今まで、30回近くじゃらんで予約をして宿泊し、その都度口コミを投稿していますが、ここまで心のこもった返信を頂いた事はありませんでした。
鹿児島の黒豚とか、稲刈りとか、私と話をした事を覚えていてくれて、とても嬉しいです。
こうなったら、来年も再訪するしか無いでしょう。!

あーあ・・・
若女将さんのせいで、今後別府を訪れた際に、他の旅館に泊まるという選択肢が無くなってしまいましたよ・・・(溜息)
勿論ですが、これは嬉しい溜息です。

2005年 10月8日 - 初訪問時のレポート

2006年 2月25日 - 再訪・宿泊

再訪しました。
やっぱり地獄蒸しはンマーイ!!!
女将さんは良い人だし、今回はご主人とも色々とお話が出来て面白かったです!

2007年 10月8日 - 再訪・宿泊

3度目の宿泊です。
紅鮭と入籍したのでその報告。ご主人様と女将さん、大黒屋さんと仲が良い某お宿の
ご主人、女将さんも一緒に晩御飯を頂きました。
里帰りしたような、癒されるお宿で、私にとっては大切なお宿です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました