新潟県

大和屋旅館 (六日町温泉) ★4.0

単純温泉
(7号井・12号井・13号井戸 混合泉)
47.6度 / ph7.91 / H16.10.26
Na+ = 239 / K+ = 10.8 / Ca++ = 44.1 / Mg++ = 0.7
Cl- = 381.9 / F- = 3.5 / SO4– = 31 / HCO3- = 76.3
CO3– = 6.6 / H2SiO3 = 28.3 / HBO2 = 18.1 / CO2 = 1.6
成分総計 = 843mg

新潟県南魚沼市六日町139
025-772-2070
男女別内湯 (訪問時は貸切湯船×1か所)
300円
営業時間 要相談

六日町の駅から結構近い所にある旅館です。アーケード街の一角にありました。
ぱっと見たところ、温泉とはあまり縁の無さそうな駅前旅館ですが、なんとココにも温泉が引かれていると言うので、驚きです。さすが湯の町、六日町です。
駐車場はお宿の隣に数台分だけあります。とりあえず停めて、中に入り、入浴出来るか伺ってみたところ、快くどうぞとの事。
実は車も勝手に停めてしまいましたが、これも「どうぞどうぞ!」と、快くOKして下さいました。感謝感謝。
ただ、訪れる時間によっては宿泊のお客さんの車が停められなくなってしまいそうで、注意が必要そうです。

お風呂は内湯のみです。浴室は2箇所あり、男湯と女湯に分かれているのだと思いますが、私が訪れた日は1箇所しかお湯が張られていません。
「貸切でお二人一緒にお入り下さい」との事です。ラッキー。ゆっくり入る事が出来ます。

で、その浴室。貸切で入るには丁度良いくらいの広さで、タイル張り湯船がひとつあります。
お湯は無色透明。しっかりと掛け流されており、洗い場にお湯が良い勢いで流れ去っていました。
見た瞬間に入りたくなってしまう、素晴らしいお湯です!

はやる気持ちを抑えて、まずはじっくり掛け湯。少し温いくらいの適温で、掛け湯しただけでもお湯の新鮮さが分かります。勿論塩素臭など一切しません。
ゆっくりお湯に身を沈めると、体が沈んだ分のお湯が、洗い場に流れ去ります。
肩までお湯に浸かった頃には、洗い場は水浸しで、掛け湯の際に無造作に置いた桶が流されて移動してしまっています。モッタイナイ気がしてしまう程です!
お湯はとても柔らかくて、肌に馴染む感じのものです。少しツルツルした感触があり、ごく僅かですが、灰色の湯花が湯底に沈殿しています。
匂いはほぼ無臭。鮮度が素晴らしく、お湯に浸かってじっとしていると、体毛に気泡が付着します。
これぞ単純泉と言いたくなるような、ピュアで癖の無いお湯です。湯口で嗅ぐと、単純泉ながら、お湯そのものの良い香りがします。

源泉自体は共有源泉で、集中管理されている物です。
でも、お湯の使い方ひとつで、浴感の無い塩素風呂になってしまったり、ただのお湯だけど無性に気持ちが良い物になったりと、まるで違う物のような変化を遂げます。ココのお湯は、申し分無く、素晴らしい物です。
お湯から出たり入ったりし、何度も溢れさせながら、気持ち良いお湯をゆっくりと堪能させて貰いました。

単純温泉と言うと、「個性が無いもの」と決め付けて、あまり見向きしない人もいるんじゃないかな?でも、気持ちが良いお湯は、気持ちが良いのですね。
お湯とは一体なんなのか、そんな事を考えさせられてしまった、素敵な一湯でした。

2008-11/23

コメント

タイトルとURLをコピーしました