長野県

共同浴場 大和温泉 (上諏訪温泉) ★5.0

単純硫黄泉
(湯小路源泉) 72.5度 / ph8.4
Na+ = 208.8 / K+ = 6.2 / Ca++ = 9.4
Cl- = 206.1 / SO4– = 66.2 / HCO3- = 122.3
HS- = 9.2 / H2SiO3 = 63.5 / HBO2 = 10.4
H2S = 0.4 / 成分総計 = 715.8mg

長野県諏訪市小和田17-5
男女別内湯
230円
営業時間 不明

ジモ専が数多くある上諏訪温泉で、外来の入浴を受け付けてくれる、とても貴重な共同浴場です。
事前に住所から場所を確認し、準備万端で行って参りました。

たどり着いた先には、緑色の立派な共同浴場が一つ。
実に年季の入った風情ある建物で、おぉ!ここが大和温泉かぁ!と思い、いざ入ろうとしたところ、入り口には「組合員以外入浴禁止」の案内が・・・
あれ、話が違う!ってか、そもそもここ、大和温泉じゃないじゃん!

大和温泉に行くつもりが、間違ってジモ専を見つけてしまったみたいです。
うーん、ナンテコッタイ!

気を取り直し、「この辺にある筈だ・・・」と、先ほどのジモ専の裏に回ってみました。
すると、すぐ隣の建物に、「男湯・女湯」の看板があります。
やった、今度こそ見つけた!
さて、入浴しようと思い、入ろうとしたところ・・・
こちらにも同様に「組合員以外入浴禁止」の案内が・・・
えええぇぇぇーーー?ココも大和温泉じゃないぢゃん!!!


ってか、大和温泉どこにあるんでしょう。地図では間違いなくこの辺りなのですが、もしかして間違えたか・・・!?
それにしても、ジモ専が2軒も並んでいるなんて、不思議過ぎる光景です。

もしかして地図を間違えているので無いかな?
だんだんと自信を失いつつあり、更にその奥へと足を進める私。すると、今度こそ見つかりました、大和温泉!意外とすんなり発見。2軒目のジモ専のすぐ裏手にひっそりとありました。
いやぁ、ヨカッタヨカッタ。
それにしても、共同浴場が密集した一角に3軒もあるなんて、一体何なんですか、ココは!?

さて、その大和温泉。実に渋いところにあります。
路地裏のような所に入り口があり、そこから人と人がすれ違えないような細い所に入っていきます。
たどり着いたのは、テーブルと椅子、冷蔵庫?なんかがある、不思議なミニチュアテラスのような所。ココが大和温泉の本当の入り口です。
入浴料は230円。手前にある民家の軒先に置いておく仕組みです。
私は紅鮭と一緒だったので、460円必要。ただ、手元に細かいのが無い。
とりあえず500円を置いて中に入ろうとしたら、お婆ちゃんが出てきて、「お釣りもってけぇ~」と、40円渡してくれました。アリガトウ。^^;
お婆ちゃん、私がはじめて来る客だと見抜いたのか、お風呂の使い方を丁寧に説明して下さいました。

さて、お風呂ですが・・・

スバラシイの一言です!

後は、写真でお楽しみ下さい。
多分、ココの素晴らしさは、語りだすと長くなるし、言葉では上手く説明出来ない気がするのです。
ちなみに、お湯は、緑色透明の、硫黄臭漂うとても気持ちが良いものでした。
気になった方は実際に行ってきて下さい。(なんて酷いレポでしょう。w)

泉質、風情、気になる隣の2軒、否定する要素が全く見当たらない、私のストライクゾーンを痛いほどに程ついた、最高の共同浴場です!!!!!
Jake主催、「共同浴場・オブ・ザ・イヤー」を差し上げたいと思います。

2006年 9月24日 - 初訪問時のレポート

2009年3月7日 - 再訪

所要で諏訪湖近くに来たついでに立寄ってみました。
来るのは久しぶりです。
非温泉マニアの友人と一緒でしたが、なかなか気に入って貰えました。
ココのお湯はやっぱり気持ちが良いですね!
今回は一箇所しか入る予定が無かったので、じっくりお湯に浸かり、汗だくになってしまいました。
東京からは遠いけど、定期的に訪れたいと思った、素敵な一湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました