渋温泉長野県

共同浴場 二番湯 笹の湯 (渋温泉) ★3.0

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
(荒井河原比良の湯) 75.7度 / ph4.3 / H10.10.19
Na+ = 176.1 / K+ = 18.6 / Ca++ = 109 / Mg++ = 10.1
Al+++ = 2.8 / Fe++ = 1.4 / Cl- = 250.1 / F- = 0.9
SO4– = 375.7 / H2SiO3 = 140.1 / HBO2 = 58.7
CO2 = 51 / 成分総計 = 1196.3mg

長野県下高井郡山ノ内町大字平穏
男女別内湯
ジモ専 (渋宿泊者は鍵を借りて利用可能)
6:00 – 22:00

渋温泉に9箇所ある共同浴場のひとつです。
基本的に外来入浴不可なのですが、渋温泉に宿泊した人に限り、旅館で鍵を借りて湯めぐりする事が出来ます。
それぞれの共同浴場には周る順番が設定されており、ここ「笹の湯」は二番湯と言う別名を持ち、二番目に入る所と言う位置付けになっています。
一番湯の「初湯」から安代方面に歩いてすぐの場所にありました。

お風呂はとても小ぢんまりしたもので、渋にある共同浴場9箇所の中で一番狭いのではないでしょうか。
ここにも多くの観光客が押し寄せ、大繁盛でした。
お湯は無色透明で、僅かに湯花が舞うものです。
湯口から熱いお湯がチョロチョロと注がれていますが、浴槽内の温度は少し温い印象。
以前訪れた際はとても熱かった記憶があるので、先客が水で埋めてしまったのかも知れません。
感触は僅かな温泉臭と金気臭を感じますが、あまり強い個性はありません。
利用者が多いせいで、かなり劣化しているのがとても残念です。源泉投入量が少ないので仕方が無いかな?

お湯を口に含むと、少しだけ薬味を感じます。
鮮度が良ければとても気持ち良さそうですね。
立ち寄る時間が悪かったとしか言いようありません。
次回訪れる機会があるなら、是非早朝を狙ってみたいですね。

2007-7/14

2017年 10月14日 - 再訪

いつ行っても混んでいるイメージのある笹湯ですが、この日は他に誰もおらず、ゆっくりと浸かることが出来ました。
外湯めぐりの序盤に相応しい、クセが無くて優しいお湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました