栃木県鬼怒川温泉

鬼怒川観光ホテル (鬼怒川温泉) ★2.5

アルカリ性単純温泉
(鬼怒川・川治温泉観光開発1・2号混合泉)
32度 / ph9.1 / H16.9.8
Na+ = 38.8 / K+ = 0.8 / Ca++ = 92.2 / Mg++ = 0.1
Cl- = 42.2 / F- = 1.7 / SO4– = 223.8 / HS- = 0.2
HCO3- = 3.9 / CO3– = 7.6 / H2SiO3 = 33.8
HBO2 = 1.7 / 成分総計 = 447mg

栃木県日光市鬼怒川温泉滝359-2
0288-77-1101
男女別内湯 ・ 露天風呂 ・ トレビの泉
1000円
12:00 – 20:00

鬼怒川を代表するような、とても立派なホテルです。バブルの頃、東京でも鬼怒川の宣伝が連日のように流れていましたが、確かココだったような気がします。
今回、「温泉博士」と言う雑誌で、無料入浴のクーポンを貰ったので、行ってみる事にしました。

お風呂はフロントから地下に降りた所にあります。とはいえ、崖地に建つホテルの為、地下と言って採光があり、露天風呂もちゃんとついています。
浴室の広さはホテルの規模に見合ったものです。
まずは内湯。入って右手側に半月状の広々とした湯船、左手には洗い場がズラーっと並んでいます。湯船の壁側には岩が組まれており、滝のようになっていました。


どこかで見た事があると思ったら、塩原観光ホテルにそっくりなのですね。系列店なのかな?
まるで滝のような湯口で、湯量は豊富。ズザザザザザーーーー!!!っと注がれるお湯は、見ていて壮観です。
ただ、残念ながらこのお湯は循環。浴室内には塩素臭が充満しております。ある意味、私が期待した通りの、鬼怒川って感じがします。
お湯は無色透明、塩素臭。

続いて露天風呂。檜の舞台湯と岩風呂の2箇所があります。こちらも広々していて清潔。無色透明のお湯も清潔に消毒されており、しっかり塩素臭が漂います。
循環されており、浴槽内でお湯が動いているのが分かってしまうのが残念。
ただ、露天で外気に触れているせいか、塩素臭は内湯に比べると控えめです。
対岸から見えてしまう開放的な造りで、これは良し悪しかな。
こちらのお湯も、残念ながらあまり特徴を感じる事が出来ませんでした。

どうでも良いですが、ホテルの前にトレビの泉がありました。なんと足湯です。
この足湯も、塩素臭プンプンな訳ですが、なんか、笑いました。何でトレビの泉なんだろ・・・?
思わず記念撮影してしまったりして。(笑)

まぁ、予想通りと言えば予想通りでした。
ただ、この規模のホテルだけあって、館内はとても充実しています。
スタッフの方も、無料入浴にも関わらず、とても対応良くして下さり、車も駐車場に停めて下さったりして、非常に感じが良いです。

温泉マニア的な評価で、お湯だけ見てしまうと、正直残念な訳ですが、総合的に考えると悪い所ではありません。会社の慰安旅行とかで使われるのも分かる気がするなぁ~
今回は無料入浴させて頂いた訳ですし、とても楽しめました。自腹切ってお風呂に入るかと言われれば、正直、ごめんなさい。
でも、良い所だと思いましたよ。社員旅行とかで来るなら楽しそうですし、喜んで来たいと思いました。(でも経費は会社で出してねw)

2008-10/5

コメント

タイトルとURLをコピーしました