栃木県 那須湯本温泉

山快 (那須湯本温泉) ★4.5

酸性 含硫黄-カルシウム・硫酸塩・塩化物温泉
(鹿の湯・行人の湯 混合源泉)
68.4度 / ph2.5 / 自然湧出 / H15.12.12
Na+ = 39.2 / K+ = 19.6 / Mg++ = 16.8 / Ca++ = 70.1
Al– = 7.6 / Cl- = 79.9 / HSO4- = 42.4 / SO4- = 398.2
H2SiO3 = 338.3 / H2S = 28.8 / 成分総計 = 1040mg

栃木県那須郡那須町大字湯本22
0287-76-3070
男女別内湯 ・ 露天風呂
600円
営業時間 要確認

那須湯本にある温泉旅館です。湯本には頻繁に来るのですが、必ずと言って良いほど雲海閣を利用するので、他所の旅館に立ち寄る事は殆どありません。
しかし、折角他にも立ち寄れる旅館があるのだから、これからは少しずつ色々と入ってみようと思いました。その手始めがここ、山快です。
雲海閣へ向かう坂道の手前にあり、こぢんまりとした印象のお宿です。

さて、お風呂。勿論男女別にちゃんと分かれており、それぞれに内湯があります。
なんとこれが実に渋い造りをしているのです。脱衣所から少し降るように段差あり、手前から寝湯、掛け湯、打たせ湯とあり、一番奥の低い所に通常浴槽があります。
造りだけを見ると、まるで北海道のホロカ温泉のような渋い造りをしており、実に素晴らしいものです。
お湯は雲海閣でもお馴染み、鹿の湯と行人の湯の混合泉で、硫黄臭が強く香る白濁もものです。
通常浴槽のお湯は少し熱め、寝湯が少し温め、掛け湯と打たせ湯が一番温く、どうやら加水されている様子です。
お湯の鮮度は悪くは無いものの、雲海閣に軍配。ただ、さまざまな湯船で入浴出来、変化があってとても楽しいです。

特に気に入ったのが手持ちの温度計で38度しか無い打たせ湯で、加水されて薄くなっているとはいえど、心地よい硫黄臭はしっかりと残っています。
普段雲海閣の熱い方にしか入らない私にとっては、長時間入っていても疲れが来ることが無く、かえってとても新鮮に感じました。
一晩中このお湯に浸かってまったりとしてみたいところです。もしかしたら寝入ってしまうかも知れません。難点は、打たせ湯ですので、本来の
使い方と違っている事くらいでしょうか・・・^^;

雲海閣と同じお湯なのに、全然違う入り心地の一湯です。
たまには浮気をしてみるのも良いですね。(笑)
浴室の造りといい、温い打たせ湯といい、なんだかとっても気に入りました。

2007-2/4

コメント

タイトルとURLをコピーしました