福島県

ホテルまるなか (不動温泉) ★4.5

「ホテルまるなか」は廃業しましたが、跡地に「弘法不動の湯」として新しい施設がオープンしています。後日レポートを掲載する予定です。

炭酸水素塩泉?

福島県岩瀬郡鏡石町岡ノ内418
0248-62-5181
男女別内湯
200円
7:00 – 21:00

福島県南部、国道4号線から少し外れた所にある温泉です。
ホテルですが、まるで銭湯のような使われ方をしており、朝早く、夜は遅くまで立ち寄りで利用する事が出来ます。
入浴料金も200円で、まるで共同浴場のような破格の料金設定です。
朝早く訪れたのですが、案の定と言うか、既に先客がチラホラといらっしゃいました。

お風呂は男女別で、内湯のみです。
浴室は少し鄙びかかっており、岩風呂風の大きな湯船が一つと、浴室の端に上がり湯用の大きなバケツがあるだけです。
お湯は僅かに黄緑色をした透明なものです。
温めで、ほんのりモール臭と微金気臭が漂う、とても新鮮なお湯です。
肌触りが非常に良く、驚くほどにツルツルします。浴槽の中で転んでしまいそうになる程。
ツルツル感を確認すべく、腕をさすってみるのですが、これが気持ちよく、何度も腕をさすってしまいます。いやぁ、楽しい!
そして、ここの最大の特徴は肌触りと泡付きのよさです。
入って暫くすると、体中が細かい気泡に包まれるのです。
お湯が新鮮な証拠ですが、これまたとっても気持ちが良い!!!
温度が温いせいもあって、一度入ったらなかなか出られなくなってしまいました。

ちなみに、上がり湯の方も一応確認。
こちらも同じ源泉が張られています。
何だか、無理すれば入れそうな大きさです。
勿論上がり湯に入るなんてマナー違反はしませんが、お湯の表面に浮く泡が妙にそそられます。
お湯を口に含んでみたところ、僅かに甘味を感じる柔らかい味がして、とても美味しかったです。

いやぁ、こんなお湯がたったの200円だなんて、これはもう、犯罪です。(ナンノコッチャ?)
日常的に利用出来る地元の方が恨めしいですね。(笑)
ともあれ、素晴らしいお湯に出会えた事に感謝。
とても気持ちよく、4号線で北上する際にはちょくちょくと利用する事になりそうです。

補足までに、男女別の内湯とは別に、もう一箇所浴室がありました。
覗き見させて頂きましたが、誰も利用しておりません。どういう使われ方しているのかは不明ですが、恐らく宿泊者専用か、貸切風呂でしょう。
男女別の内湯と並んでいますし、張られているお湯も同じでしょう。
湯量豊富なんですね~・・・

2006-6/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました