山形県赤倉温泉

第一貨物保養所 赤倉荘 (赤倉温泉) ★4.0

単純温泉
(第一貨物源泉) 67.9度 / ph8.3 / H15.10.13
Na+ = 154 / K+ = 4.3 / Ca++ = 134.7
Cl- = 48 / F- = 2.7 / SO4– = 545.4
HCO3- = 29.7 / H2SiO3 = 75.8 / HBO2 = 1
溶存物質総量 = 996.5mg

山形県最上郡最上町大字富澤819-6
0233-45-2512
男女別内湯
300円

誰の影響を受けたのか、最近芒硝泉や単純泉が大好きです。
勿論鮮度良く使われている事が前提条件ですが、肌触りとか浴後感がとても良いのですよね。
そんな訳で、泉質の宝庫で、私も大好きな筈の鳴子を尻目に、赤倉温泉へ来ました。
わー!赤倉来たぞ~!と、テンションを上げる私を見て、「なんかおかしいよ?」とボヤく友人。赤倉でそんなに喜ぶ人は居ないのだとか。
いえいえ、そんな事はございませんよ!実は、先日山形へ来た時も赤倉赤倉と呟いていました。
残念ながらココへ来る事は出来ず、非常に悔しい思いをしながら東京への帰路についたのですよね。
ですから、今日ここに来る事が出来たのが、ひたすら嬉しくて堪らなかったのです!

さて、そんな、念願の赤倉温泉で、最初に立ち寄ったのはココ、第一貨物保養所の赤倉荘です。
名前の通り、会社の保養所ですが、一般人でも利用する事が出来ます。
お風呂は内湯のみ。大小の浴室があり、通常は大きいほうが男性用、小さい方が女性用らしいですが、この日は小さい方が男性用になっていました。
両方覗いてみて、どちらもとても良さそうな感じですが、小さい方は本当に小さく、お湯が惜しげもなく掛け流されていて、入る前から新鮮なお湯だという事が分かるほどです。
もし好きな方に入れと言われたら、断然小さい方を選びます。ラッキー!

さて、そのお湯。無色透明で、とても澄んだお湯です。
少し熱めで44度くらいでしょうか。掛け湯をすると、芒硝泉特有のビリビリと来る肌触りがあり、実際の温度よりも高く感じます。
湯船に身を沈めると、ザバーっと盛大にお湯が溢れ、素晴らしいお湯を祝福するかの如く、浴室内の桶が流されて一斉にワルツを踊りだします。
あぁ、素晴らしいっ!
お湯からは優しい芒硝臭が香ります。湯口が不思議で、まるで砲台のような形をしていました。
そこから出るお湯を口に含んでみたところ、美味い!芒硝味とでも言うのかな?
不思議な旨みを感じました。

何度も出たり入ったりを繰り返して、良いお湯をじっくりと堪能する事が出来ました。
凄く気に入った!!!
結構ゆっくりしてしまったせいか、浴後、芒硝泉なのに汗が全然引かず、体がポカポカ。
赤倉のお湯が改めて大好きになってしまいました。
あくまで企業の保養所ですので、マナーには特に気をつけて利用して欲しい一湯です。

(2008-2/17)

2009年11月1日-再訪

再訪しました。
凄く好きな所だったのですが・・・残念ながら、僅かに塩素臭がしました。
小さな湯船で、掛け流しである事に間違いは無いのですが、もしかしたら塩素玉でも投入されてしまったのかも知れません。うぅむ、残念。
ちなみに、同浴していたおじさんは、この日ここでお泊りだそうです。
「第一貨物社員の方ですか?」と聞いたら、全然無関係の人で、観光協会に安く泊まれる所を聞いたらココを紹介されたとの事です。
泊まってみたいなぁ。でも、塩素臭は嫌だなぁ。
ちょっと複雑な気分のまま、その場を後にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました