山形県湯田川温泉

甚内旅館 (湯田川温泉) ★4.0

ナトリウム・カルシウム-硫酸 塩温泉
(湯田川1号源泉) 42.6度 / ph8.4 / H15.11.7
Na+ = 224.1 / K+ = 3.6 / Ca++ = 176.3 / Mg++ = 0.2
Cl- = 56.4 / F- = 2.3 / Br- = 0.3 / SO4– = 737.7
HCO3- = 31.5 / H2SiO3 = 52.6 / HBO2 = 1.3
蒸発残量物 = 1256mg

山形県鶴岡市湯田川乙16
0235-35-2151
男女別内湯
300円
11:00 – 16:00

湯田川温泉の中心部にある旅館です。
山形の温泉仲間に「湯田川へ行きます」と連絡したところ、いの一番に「ココへ立ち寄るべし!」と言われたのがこの甚内旅館でした。
アットホームな感じのするお宿で、中に入ると、ご主人がフロントのソファーで寛いでいらっしゃいました。
日帰り入浴料金は300円。以前はもう少し安かったと聞きますが、共同浴場が値上げした事に伴い、ココも金額を上げたのでしょうか。
それでも、とても安い金額で、申し訳ないような気もします。同浴場代わりに使用する地元の人もいらっしゃるみたいですね。

お風呂は勿論男女別ですが、内湯のみです。
旅館の規模相応にこぢんまりとしたもので、まるで共同浴場のようなシンプルな造りをしています。
浴室は脱衣所から数段降りた所にあり、個人的に好きなアプローチをしています。
浴室入って左側に、かまぼこ型の湯船がひとつ。右側が洗い場です。
タイルのモザイクパターンが実に美しく映えています。
張りの浴室で、湯船の大きさに対して洗い場がちょっとだけ広いような印象を受けますが、これがまた雰囲気良く、レトロでとても良い感じです。

お湯は湯田川温泉の共有源泉です。この日は既に共同浴場など3箇所に立ち寄っており、ここで4箇所目だったので、目新しさはありませんが、良いお湯です。
無色透明で、ほんのり優しい芒硝臭。サラサラする肌触りで、少し堅く感じるお湯です。
お湯から上がるとサッと脂分が引いて、気持ちが良いです。
湯口からは源泉がなかなかの勢いで注がれています。勿論掛け流しで、溢れたお湯はそのまま洗い場に流れ去っています。
鮮度がとても良く、気持ちが良い!ただ、直前に入った共同浴場、田の湯と比較すると、何だか普通に感じてしまいます。
ココ単独だったら良いお湯なんですけどねぇ・・・

暫く出たり入ったりをしていたところ、後からお客さんが入って来られました。
話に聞けば、新潟から来られているそうで、チェックアウトせずにこの時間までゆっくりしているのだとか。
なるほど、そういう使い方も出来るお宿なんですね。
この他にも色々と温泉に入られている方のようで、新潟のお湯を中心に話が弾みました。
思わず、予定より長くゆっくり浸かってしまいましたが、良いお湯なので、それもありかな。
友人と一緒に来て、浴室内で時間を忘れて温泉談義。
そんな事をするには最適な所かも知れないなぁと思いながら、その場を後にしました。

是非宿泊で訪れ、湯田川の施設を全部入り尽くしたいと思ってしまいました。
湯田川のお湯がますます好きになってしまった一湯です。

2008-2/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました