岩手県鶯宿温泉

小枝旅館(鶯宿温泉)★4.5

アルカリ性単純温泉
(杉の根の湯) 57.9度 / ph8.7 / 788L / 動力
Na+ = 152.5 / K+ = 5.9 / Ca++ = 30.3
Cl- = 49.3 / SO4– = 303.1 / HCO3- = 26.9
HS- = 0.3 / H2SiO3 = 70.2
成分総計 = 644.6mg

岩手県岩手郡雫石町鴬宿第6地割24-4
019-695-2126
男女別内湯
300円
9:00 – 20:00

鶯宿温泉の温泉街入り口付近にある旅館です。
実はここ、今年のGWに宿泊する予定で予約を入れていたのですが、事情で都合がつかなくなってしまい、泣く泣くキャンセルを入れたのです。
申し訳ない事をしたと思いつつ、常々気になっていたところでした。
今回は日帰りでしたが、やっと利用する機会が訪れました。
外観は妙にカラフルで、周囲からちょっと浮いているような佇まいのお宿です。
入り口には飲泉所がありました。日帰り入浴にも積極的らしく、看板まで掲げられていて、とても入りやすい印象です。

さて、内部ですが、中は至って普通です。こじんまりとしており、旅館と言うより民宿と言った感じの雰囲気があります。
お風呂は玄関入って奥の方にありました。何だか、外観と同じような、ちょっと派手な入り口が目を引きます。
どういうコンセプトでこのデザインにしたのでしょうか。
ちょっと気になるところではあります・・・
浴室ですが、入ってビックリ。こちらもとっても派手派手。おもちゃ箱のような、賑やかで綺麗に飾られたタイル張りの浴室になっていました。
朝日に照らされ、浴室全体がキラキラと輝いていおり、不思議な空間を醸し出していました。
鄙びた浴室が好きな私ですが、こう言う一風変わっているのも悪くはありません。

肝心のお湯は、すこぶる気持ちが良いものでした。
無色透明、僅かに白い湯花が舞うお湯は、少し熱めに調整されています。
ほんのり漂う硫黄臭が鼻先をくすぐる、とても気持ちが良いもので、毎日入りたくなるような優しいお湯です。
肌触りも僅かにツルツルして浴感も充分にあります。
湯口は浴槽の一部にありましたが、お湯を直接浴槽内に注ぐ方式のため、味などの確認は出来ませんでした。
(ちなみに、玄関先で飲んだお湯は硫黄臭のする美味しいものでした。
恐らく同じ源泉を使用している筈です。)

いやぁ・・・基本的に硫黄泉であればどんなお湯でも好きな私ですが、ここのお湯は強烈さこそ無いものの、何度入っても飽きが来ない、自宅に引きたい理想的なお湯なんです。
他にも色々と入ってみたく、時間が無かったのであまりゆっくりも出来なかったのが悔やまれます。浴室でトドになって時間を気にせずに入りたかった・・・

次回こそは宿泊でゆっくり堪能したい素晴らしいお湯でした。
ココはきっと、また来る事になりそうです。
とても満足な一湯でした。

2006-8/19

コメント

タイトルとURLをコピーしました