青森県

新栄館 (湯段温泉) ★4.0

最終入湯日 : 2006-5/2

ナトリウム・カルシウム・マグ ネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
(湯段温泉組合6号泉) 45.5度 / ph6.37
Na+ = 365.7 / K+ = 55.2 / NH4+ = 5.6 / Mg++ = 114.9
Ca++ = 192.4 / Fe++ = 2.7 / Cl- = 735.1 / So4– = 266
HCO3 = 654 / H2SiO3 = 206 / HBO = 15.3 / CO2 = 276.2
成分総量 = 2891mg

青森県弘前市大字常盤野字湯段萢
0172-83-2079
男女別内湯
250円
要確認

とっても静かな温泉地、湯段温泉の一角にある鄙びたお宿です。
私がここの直前に入った長兵衛旅館とは目と鼻の先で、歩いて30秒でしょうか。
車を長兵衛旅館に停めっぱなしでは悪いので、一応動かしましたが・・・^^;

さて、中に入ると、旅館と言うよりは民家の玄関先みたいなつくりです。
「ごめんくださ~い!」と、人を呼んでみるが、誰も出てきません。
「こんにちはー!」と、ちょっと大きめな声で呼んでみても、出てくる気配無し。
うーん、諦めて帰ろうかと思い、玄関脇の障子を見てみたところ、案内書きが書かれており、「不在の時はお金を袋に入れて勝手に入って」と言う内容の事が書かれておりました。
面白い障子の使い方で目から鱗です。居酒屋なんかで使えそう・・・
ともあれ、そういう事ならばと、お邪魔させて頂きました。
ただ、幾ら探しても袋が見当たらない・・・
うーん、ドコだ?何だか、家捜ししているみたいで気が引けるので、先に入浴させて頂く事に。
そのうちに誰か帰ってくると良いナァ。

さて、お風呂ですが、男女別で内湯のみです。
かなり鄙びた浴室で、まるで共同浴場のような造りです。浴室には温泉成分で茶色く変色した湯船が一つあるだけで、他には何もありません。
私が最も好むタイプの浴室ですね。
お湯に浸かる前から嬉しくなってしまいます。
さて、お湯ですが、温めで炭酸臭と鉄臭が香る、とても気持ちが良いものです。
湯段のお湯は共同源泉なので、新栄館のものも長兵衛旅館のものも感触としてはほとんど同じです。
長兵衛旅館と同じく温めなので、こちらでも予定以上にゆっくりしてしまいました。

湯上がり、さて誰か居ないかと探してみましたが、やっぱり誰も戻ってきていない様子。
うーん。結局袋も見つからないしで、灰皿の上に250円入れて帰りました。
ここだけ時間が止まってしまっているかのような、何だか不思議な気分にさせられるお宿です。お湯も良いし、雰囲気も好きだな~
是非また来たいのですが、その時は誰かにお会い出来るかな?
俗化される事無く、いつまでもこのままの風情で残っていて欲しい、とても素敵な一湯でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました