北海道

温泉民宿我家 (川湯温泉) ★4.5

最終入湯日 : 2008-7/20

酸性・含硫黄・アルミニウム・ 鉄(II)-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
(民宿 我家) 55度 / ph1.7 / 43L / 動力 / H2.11.1
H+ = 20.1 / Na+ = 316.1 / K+ = 41.2 / MH4+ = 1.1
Ca++ = 163 / Mg++ = 68 / Al+++ = 100.2 / Mn++ = 7.6
Fe++ = 67.5 / Fe+++ = 4 / F- = 2 / Cl- = 533.4
HCO3- = 1143 / SO4– = 1701 / H2SiO3 = 241.2
HBO2 = 23.6 / CO2 = 226.6 / H2S = 1.5
成分総計 = 4725mg

最終入湯日 : 2008-7/20
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2丁目7-11
015-483-2989
男女別内湯
300円

北海道を誇る強酸性泉の川湯温泉。
前回立ち寄った際に共同浴場のみ入ったのですが、他にも独自源泉などを所有するお宿が点在すると聞いており、是非とも再び来たいと思っていました。
今回は行程的にあまり時間が無く、直前まで川湯に寄るかどうか、意見が分かれましたが、せっかくだからと、1箇所限定で立ち寄り入浴する事になりました。
共同浴場には以前一度入っているので、今回選んだのは、ここ、民宿我家さんです。
共同浴場からも歩いて行ける場所にある、鄙びた感じのこぢんまりとしたお宿です。

中は少し薄暗い感じです。立ち寄り出来るかなと、少し不安を感じながら「ごめんくださーいと呼ぶと、女将さんが出て来られました。
立ち寄り入浴も快くどうぞとの事。とても感じが良い方で、文字通り「我が家」に帰ってきたかのような気分になれます。
早速頂いたお風呂は、玄関から入って真正面、玄関のフロアから数段降りた場所にありました。男女別で、内湯のみです。

さて、その浴室。実に良い雰囲気で、思わず 息を呑んでしまいました。
お宿の印象からピッタリ来るような、タイル張りでシンプルな浴室。
なんと、湯船が手前と奥の2箇所あります。こう言う浴室が大好きな私からすると、これだけでもう満足です。
手前は非温泉の沸かし湯。強い酸性を示す川湯のお湯ですので、肌が弱い人などはこのお湯で上がり湯をして下さいと言う事でしょう。
私が目指す温泉は、奥の湯船です。静かにお湯が湛えられており、あふれた分は洗い場にオーバーフローしていました。なんとも美しい光景です。

さて、そのお湯。ちょっと熱めで、46度くらいあります。そのお湯に静かに身を沈めると、酸性のピリピリする心地よい刺激を肌で感じる事が出来ます。
まるで全身消毒されているような気分。お湯からはしっかりと硫黄臭、それに明礬臭も混じっています。
このお湯を例えるならば、絶好調の蔵王と言う印象です。
以前川湯の共同浴場を訪れた際も同じ印象を受けたのですが、多くの人が利用する共同浴場に比べて、こちらの方が、お湯の鮮度、質、ともに勝っている感じがします。

湯底には白い湯花が沈殿していました。暫くの間誰も入っていなかった証拠ですね。
かき混ぜるとぱっと舞い上がり、粉雪のように美しい光景です。
熱いお湯ですが、一度入ったら出たくなくなってしまいます。時間が無い中急遽立ち寄ったため、あまり長居出来なかったのが残念で仕方がありません。
別れを惜しむように、頭からお湯をザブザブ被ってみたところ、全身が川湯のお湯に包まれたような、とても幸せな気分になる事が出来ました。

草津・蔵王系のお湯が大好きな私にとって、 川湯のお湯は絶品です。
今回は民宿我家にしか立ち寄る事が出来ませんでしたが、次回来るときは、それこそ全部の旅館に入りつくしたい気分です。
民宿我家のお湯は本当に素晴らしく、何一つとして文句無いのですが、それだけに、余計に川湯にある他の旅館も気になってしまいました。
次に来れるのはいつか、今から楽しみでならないです。その時は我家にも帰って来たいと思いました。

再訪必至の一湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました