京町温泉宮崎県

山麓温泉 (京町温泉) ☆3.5

アルカリ性単純温泉

(成分表見当たらず・・・)

宮崎県えびの市向江583−1
0984-37-0237
男女別内湯
大人350円、小学生130円、未就学児60円
8:00 ~ 21:00

ずっと課題として残していた京町温泉、やっと湯めぐりする機会を得ました。
この日はOさんの車に乗り案内をして頂いたので、気が付いたら到着していた感じです。どこにあるのかサッパリ分かりません。

とりあえず言える事は、京町温泉自体は所謂「温泉街」って感じがしません。国道沿いにコンビニやドラッグストアがあり、民家がポツンポツンと建っていて、どこにでもよくある、生活臭で溢れる普通の街並みです。
たまに旅館やホテルもありますが、ほとんど目立ちません。
ここ山麓温泉も街中にひっそりと建っていました。

国道沿いにポツンと佇む、まるでバス停のような案内板が可愛らしいです。
この案内板は京町温泉の各所にあるそうです。
「ここはバス停留所ではありません」とわざわざ書いてあるのが面白い。

とりあえず車を停めて、湯屋の方に歩いていくと、奥の母屋からご主人と思われる方が声を掛けてきました。
入浴したい旨を伝えると、「ん? 3人? じゃあ1000円で良いよ~!」との事です。
本来であればひとり350円で1050円なので、50円お得。
嬉しいのですが、代表で払ってくれたOさんに幾ら渡せば良いのか分からず悩みました。

333円・・・?

湯屋は至ってシンプルで、今は使われていないであろう番台がある、所謂公衆浴場スタイルです。
日帰り専門かな?と思いきや、看板には自炊完備とも書かれていますので、母屋の方で宿泊出来るのかもしれませんね。(未確認)

先客に地元のお爺ちゃんがいたので、挨拶をして中に入りました。
お爺ちゃん、「熱いよぉ~!」「水で埋めて良いからね!」との事。
触ってみると46度位です。まぁ、熱いけど、入れない温度ではないので、普通に入りました。
この温度で長湯したいとは思わないですけどね・・・

熱め、46度、加水で温度調整、少し黄味掛かる透明、湯口からのお湯は芳醇なモール系アブラ臭

光の加減かも知れませんが、少し黄味がかって見える透明のお湯です。
先にも書いてますが、ジリジリと焼けるような熱めのお湯。
僅かにモール系の植物臭がして、アブラ臭も少し混じります。

湯口は2箇所あります。
メイン?側は源泉を貯め湯した後に湯舟に投入するスタイル。その貯め湯の上には竹が渡されており、加水の水道水を通す事が出来るようになっていました。
もう1本は壁面で、注湯用のパイプが突き出しているだけどシンプルスタイル。
どちらも源泉は素手で触ると火傷しそうな程の温度で、こちらで嗅ぐと強めのアブラ臭がします。

壁面湯口には飲泉用と思われる杓子が添えられていました。
とりあえず口に含んでみましたが、少しエグ味を感じる程度で、これといった特徴的な味はしません。

ちなみに、2本ある湯口ですが、どういう使い分けがされているのか不明です。
源泉タンクは1個しか無さそうなので、源泉が異なるって事は無いと思いますけど、脱衣所に成分表無かったんですよね~

長湯出来ない温度だったので、お湯に浸かっている時間は短かったですが、その分たっぷりと掛け湯してお湯を堪能しました。
良い温泉は掛け湯するだけでも気持ちが良いんですよね!
少し勢いよくザバッとお湯を掛けると、体から立ち込める湯気から心地いいアブラ臭がするのです。


湯めぐり継続中で次にも行かなければならず、短時間での入浴になってしまいましたが、とても印象的で素敵な一湯でした。

.

2022年 1月2日 ー 初訪問・日帰り入浴

コメント

タイトルとURLをコピーしました