長崎県

別所共同浴場 (雲仙温泉) ★4.0

含鉄泉?

長崎県雲仙市小浜町雲仙
男女別内湯
100円
10:00 – 22:00

念願だった雲仙温泉。さて、どこを湯めぐりしようと、色々と調べてみたところ、目にとまったのがココ、別所共同浴場です。
雲仙には何ヵ所か共同浴場があるのですが、ココは観光ガイドにも載っていません。
なんでも、基本的にジモ専なのだそうですが、一般人でも入る事が出来るようです。うーん、行ってみたい!
と、言う事で、事前に色々と調べたお陰か、意外とすんなり到着する事が出来ました。
施設の性質上、具体的な場所は非公開とさせて頂きますので、ご了承下さい。

さて、その別府共同浴場。実に素朴な造りをしています。
建物自体は、共同浴場らしく、湯抜き屋根がついていたりするのですが、共同浴場である事を示す看板の文字は消えかけ、ドアに書かれたペンキ字も消えかかっています。
意識をしながら探さないと、ここがお風呂であると気付くのは難しそうです。
管理人は不在で、玄関先に料金ポール?が、立っていました。組合員・契約者以外は100円と掲示されており、そのポールに100円入れます。
しかしこのポール、コンクリートの地面に打ちつけられているのですが、どうやってお金を取り出すのでしょうか。ちょっと疑問・・・

お金を払った事だし、内部へ。ちゃんと男女別に分かれています。中は脱衣所と、その脱衣所から数段降りた所に浴室がある、素朴な造りです。
脱衣所入ると、いきなり、「契約者以外の入浴禁止」と壁にペンキで書かれているのが目にとまります。
しかし、契約者以外は100円と掲示されていましたので、たぶん大丈夫だろうと、服を脱いで中へ。

浴室は湯船が一つあるだけのシンプルな物です。かなり年季が入っており、鄙び共同浴場が大好きな私にとっては夢のような光景。
しかし、湯船を見ると、まだお湯を張る最中なのか、まだ3分の2くらいしかお湯が張られていません。もしかしたら、来るのが早かったかな・・・?
折角だから入って行く事に。

そのお湯ですが、ほんのり金気臭が香る、気持が良いお湯です。雲仙と言うと、白濁の硫黄泉を想像していましたが、イメージとだいぶ違うです。
お湯の臭いをしっかり嗅ぐと、僅かに明礬臭も交っています。
湯口は掃除機のホースのような物で、湯船の中にダイレクトに刺さっています。

手に取って見ると、そのホースから少量ずつお湯が注がれています。
この湯量だと、この湯船が満たされるまで、まだ数時間掛かりそうな感じです。
湯口のお湯は非常に熱く、素手で触ると火傷します。持参の桶で湯を掬い、口に含んでみたところ、金気味と、酸味にも似た渋味を感じました。

いやぁ、良い風情の共同浴場に入る事が出来て、大満足です。
しかも、ここの泉質は他と比べて全然違うのです。この後雲仙で湯めぐりしたのですが、違いを楽しむ事が出来ました。
もし機会があったらまた利用したい一湯です。

2009-5/4

コメント

タイトルとURLをコピーしました