大分県 湯平温泉

共同浴場 中の湯 (湯平温泉) ★4.5

ナトリウム-塩化物泉
(湯ノ平中鶴2号) 81.9度 / ph8.4 / 掘削動力 / H21.2.19
Na+ = 559 / K+ = 25.7 / Ca++ = 19.9 / Mg++ = 1.6
Li+ = 1.4 / Sr+++ = 1 / Cl- = 663 / F- = 1.8
Br- = 1.8 / HS- = 0.3 / SO4– = 95.1 / HCO3- = 303
CO3– = 12 / HsSiO3 = 178 / HBO2 = 18.3
成分総計 = 1882mg

大分県由布市湯布院町湯平
内湯 × 1 (日替わりで男女入れ替え)
200円(湯平宿泊者は100円)
6:00 – 22:00

湯平温泉に5箇所ある共同浴場のひとつです。中の湯と言う文字通り、温泉街のほぼ中心に位置しています。石畳の通り沿いにあるので、歩いていれば自然に見つける事が出来ます。
ただ、なかなか瀟洒な湯屋ですが、このお風呂には内湯がひとつしかありません。その為、日替わりで男女を入れ替え利用する仕組みになっていました。
私が利用したこの日は、勿論男性専用。ちなみに前日は女性専用だったので、私に先立って紅鮭が利用しています。とても良かったと聞いていたので、楽しみにしていたのです。
なお、湯平にある5箇所の共同浴場の中で、男女別で無いのは、この中の湯だけです。
立ち寄りで行く際は、2分の1の確率で玉砕します。混浴ではありませんので、頑張って入る事も出来ません。
外したく無い場合は湯平かその近くに宿泊して駄目でも翌日再訪出来るように備えるか、予め確認をしておく事をオススメします。

さて、その中の湯。内湯がひとつしかないので、さぞこぢんまりした物だろうと思いきや、内部は意外と広々としています。
脱衣所に関してはかなり余裕があり、この脱衣所スペースだけでも、浴室がひとつ完成するのではと言う程のゆとりがあります。
お風呂は内湯のみです。浴室中央に湯船が鎮座しており、その左右に洗い場が展開していましいた。この内湯も、広大では無いものの共同浴場としては大きな物です。
湯船の正面には大きな窓があり、そこから湯平温泉を流れる花合野川を見下ろす事が出来ます。
とても使い勝手が良く快適なお風呂ですが、これだけのスペースがあれば、男女別で浴室を作ってもお釣りがきそうな程です。
少し勿体無い気がしないでもありませんが、地元住人の方にとっては、隔日でもゆったり広々と仕えるお風呂が欲しかったと言う事なのでしょうね。

前日紅鮭が利用した際は、地元のオバちゃん方で賑わっていたそうですが、この日は朝から訪れたせいか、誰も入っておりません。
湯船に張られたお湯は、ごく僅かにダシ濁りした透明度の高い物で、湯底が完全に透けて見えています。
お湯の温度は44度程度と、適温よりも少し熱め。湯口から熱い源泉が静かに注がれており、しっかり掛け流しにされていました。入らずとも分るような、見るからに良いお湯です。

早速湯船に体を沈めると、湯船からお湯が溢れ、洗い場を流れ去ります。体にはビリビリと刺激が伝わり、最初感じるものの、次第に慣れてくると心地よくなってきます。
肌触りの印象は芒硝泉そのものです。お湯の臭いを嗅ぐと、うっすら金気臭と芒硝系の薬臭が混じっているのが分ります。朝一番で利用者が少ないともなれば、鮮度は良いに決まっています。
源泉そのものの特徴をハッキリと感じ取る事が出来る、とても気持ちが良いお湯です。

以前の事は分りませんが、ここも新しく改装されたであろう浴舎の風情は、なかなか良いです。天井が高く取られているので、浴室内に熱気や湯気が篭らず、快適です。
後でよろずや旅館の女将さんに聞いた話ですが、湯船の前にある大きな扉は開ける事が出来るのだそうです。対岸から誰かに覗かれる事も無く、女性にはとても好評なのだとか。
うーん、開けられるなんて知らなかった私は、窓越しに川をチラッと眺めただけに終わりましたが、この扉が開放されていたならば、さらに気持ち良く入浴できた事でしょう。
少し惜しいことをしたと、後になってから後悔してしまいました。

今回立ち寄った、湯平にある5軒の共同浴場。そのどれもが個性あり、甲乙付け難い素晴らしい所ばかりでした。
温泉めぐりを始めて、色々な温泉地を巡り、色んな共同浴場に入ってきた私ですが、経験を積めば積むほど、新しい発見や新鮮な喜びが少なくなって来るのを感じます。
勿論、再訪する事も楽しいのですが、何も分らずに湯めぐりを始めたばかりの頃が、一番楽しかったとです。
でも、今回こうして湯平に訪れ、純粋に共同浴場めぐりを楽しむことで、その頃のワクワク感が少し蘇ったような気がしました。

湯平温泉は本当に楽しい温泉地でした。是非また訪れ、その時はこの中の湯の窓を大きく開けて開放感を味わいながらの入浴を楽しみたいと思います。今から再訪が楽しみな一湯です。

2010-4/30

コメント

タイトルとURLをコピーしました