島根県

千原湯谷湯治場 (千原温泉) ★5.0

含二酸化炭素ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉
(湯治場源泉)
Na+ = 3253.9 / Li+ = 3.8 / K+ = 148.9 / Ca++ = 204.4
Mg++ = 42.4 / Sr++ = 5.9 / Fe++ = 4.6 / Mn++ = 1.9
Cl- = 3895.8 / Br- = 8.5 / F- = 2.5 / HCO3- = 2167.4
SO4– = 386.5 / I- = 1.3 / H2SiO3 = 136.8 / HBO2 = 91
CO2 = 1176.4 / 成分総計 = 11540mg

島根県邑智郡邑智町千原
0855-76-0334
男女別内湯
500円
8:00 – 18:00

今回の山陰旅行で、最も期待していたところがここ、千原温泉です。
私の温泉仲間で山形の人がいるのですが、事あるごとに、「千原最高!」と言うのです。
私が負け惜しみ的に「そんなに良いですか?」と聞くと、「何を言ってるんですか!あんなに良い所はありませんよ!千原最高!」と、それはもう、陶酔しきったように答えるのです。
うーん、悔しい。早いうちに行っておかないと、この友人に会う旅に煽られてしまいます。
と、言うことで、行ってまいりました。今回の山陰旅行はこの「千原温泉に入る!」為だったと言っても過言ではありません・・・

さて、その千原温泉。三瓶温泉からだと車で15分くらいの場所にあります。ナビに場所を登録して行ったので、迷う事はありませんでしたが、かなり辺鄙な場所にあります。
こんな場所に・・・と、思ってたどり着いたのは、温泉と言うよりまるで民家のようなところ。温泉の風情はあまりありません。
ただ、駐車場には、広島や岡山など、他県ナンバーの車が泊まっており、人気の高さを伺えます。ちなみに私は練馬ナンバー。
「どうだ、凄い遠い所から来たでしょ?(`・∀・´)エッヘン!!」って気持ちでいっぱいです。
念願の千原温泉にやっとたどり着く事が出来ました・・・

さて、この千原温泉、少し変わった造りをしています。縁側のような受付でお金を払い、個人宅のような建物中に入ると、カーテンで仕切られた脱衣所があります。
脱衣所で服を脱ぎ浴室に入ると、なだらかな下り坂の廊下?があり、その先に小さな湯船がありました。湯治場と言う言葉がふさわしい、実に渋い造りをしています。

私が訪れた時には、先客が4名+子供1人。小さな湯船に肩を寄せ合いながら入っています。
私もその中に加えて頂くことにしました。
さて、そのお湯。温めで、ほぼ体温と同じくらいの温度です。オレンジ色に濁ったお湯で、源泉が足元自噴!しかも、大量の気泡がコポコポとあがってきており、天然のジャグジーになっているではありませんか!
お湯は少しサラサラ、ペタペタします。土類臭と金気臭、それに炭酸臭を感じます。
温いのでいつまでも入っている事が出来そうです。友人が千原最高と言う理由が、とても良く分かりました。こんなに良いお湯だったなんて!
湯底から絶え間なくポコポコあがる気泡が体中をくすぐります。気泡と共に湧出する足元自噴泉は全国に幾つかありますが、ここまで絶えず気泡が上がり続ける所は、それほど多くありません。
比較対象があるとすれば、ぱっと思いつく限りでは、渋御殿湯や藤七の露天風呂くらいかな?

狭い湯船に、お互い肩をすぼめあって入るのも、風情のうちでしょうか。みなさん、静かにしながら、じっとお湯の感触を楽しんでおられます。
しかし、残念だったのは、子供がとっても煩い。「もう出たい!」「あと5分で出る!」とずっと騒いでいます。
それに対してお父さん、「まだ入っていたい!」「時計の針が10に来るまで!」と、頑として出て行こうとしません。そのやり取りが途切れる事無く、ずっと続いているのです。
子育ても大変だと思うけど、嫌がる子供を無理矢理入れてどうするかと・・・
おそらくその場にいた人たちはみんな、子供を応援していたに違いない。

ちなみに、この千原温泉は、狭いので、1時間以内に上がらなければならないと言うルールがあります。浴室は相変わらず満員。私含めて6人+子供1人が、鮨詰め状態。
その親子、私が来た時には既にいたので、いつから入っていたのかは知りませんが、私が来てから50分過ぎてもまだいます。その間ずっと騒ぎっぱなし。
一体いつになったら出て行くのかと思っていたら、女将さんが「1時間過ぎたら、次の人が待っていますので、出てください!」と、脱衣所から声を掛けてきました。
するとそのお父さん、あわてたように、そそくさと出て行きましたが・・・

はぁ・・・、煩いだけじゃなく、入浴時間のルールすら守れない人でしたか。┐(´д`)┌ヤレヤレ
風情もお湯も素晴らしかったけど、一人の心無い利用者のため、凄く残念な気持ちになってしまいました。

・・・と、言うことで・・・

2008年 10月12日 - 初訪問時のレポート

2008年10月14日 - 再訪

初めて訪れてから、たった2日後に、再訪して来ました!(゚∀゚)アヒャ
だって良いお湯だったし、前回は子供が煩くてお湯を堪能出来なかったんだもん~!

この日は、平日だったせいか、ガラガラです。なんと、最初に入ったら誰もいませんでした!
ラッキー!!!
足元自噴のお湯を独り占めです。うぅん、贅沢!一昨日の大混雑が嘘のようです。当然煩い親子にイライラする事もありません!
暫くすると、広島から来られたと言うオジサンが入って来られました。温泉好きな方のようで、お話をしながらゆっくりとした時間を過ごす。
おじさん曰く、こんなに空いてる事は珍しいのだそうです。たっぷり1時間お湯を堪能させて頂きましたが、その間、私とおじさん以外、誰も入って来ませんでした。

やっぱ良いお湯はマナー良く静かに楽しみたいですね!
再訪して本当に良かったと思いました。
千原温泉、もしまた山陰に来る機会があれば、必ず訪れたいと思いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました