島根県

湯元旅館 (三瓶温泉) ★4.5

ナトリウム-塩化物温泉
(三瓶温泉) 37.5度 / H15.6.19
Na+ = 495 / K+ = 53 / Ca++ = 113 / Mg++ = 42.7
Sr++ = 2.31 / Fe++ = 5.6 / Mn++ = 1.5
Cl- = 873 / Br- = 3.43 / HCO3- = 318 / SO4– = 9.63
I- = 0.3 / H2SiO3 = 215 / HBO2 = 20.5 / CO2 = 289
成分総計 = 2440mg

島根県大田市三瓶町志学口913
0854-83-2215
男女別内湯
500円
10:00 – 16:00

三瓶温泉にある、その名も、「湯元旅館」です。立ち寄り入浴が出来ると言う事で行って参りました。
場所は、三瓶温泉のメインストリートからわき道にそれた、山道の途中のような場所にあります。
三瓶温泉自体は、複数の旅館やお土産屋さんなどが軒を連ねる所なのですが、この湯元旅館だけを見ると、まるで一軒宿のようです。

中に入ると、感じの良い女将さんが出てこられました。立ち寄りでの入浴をお願いすると、快くOKとの事です。
夫婦で訪れたため、お風呂は貸切で良いよとの事。今は誰も入っていないから好きなように入って下さいと、浴室まで案内して貰いました。

まず、最初に入ってみたのは、小浴槽の方です。家族風呂と呼ぶのに相応しい、小さな湯船がひとつあるだけの、とてもシンプルな物です。
湯船に張られたお湯はオレンジ色に濁っており、光に照らされてキラキラと輝いています。
湯船からザブザブとお湯が溢れており、一見して書け流しだと分かるのですが、どうやら湯口は浴槽の中のようです。なんと、気泡がプクプクと上がってきているではありませんか!
もしかして足元自噴かっ!?少し期待した物の、実際入って確認してみると、湯底にあるのはパイプで、どうやら引き湯されている様子。なぁんだ。でも、良いお湯である事に違いはありませんでしたけどね・・・
そのお湯の印象は、金気臭と土類臭が強い、サラサラする物です。お湯の温度は体温を僅かに上回る程度の、超温めです。いつまでも入っている事が出来そうです。
小さな湯船のため、肩まで浸かると、お湯がザバーっと気持ちよく溢れます。癖になりそう・・・

続いて、広めの浴室にも入ってみました。こちらはすぐ隣り合っております。
岩風呂になっており、張られているお湯は、小浴場と同じオレンジ色に濁るものです。


岩で組まれた滝のような湯口から、新湯がザブザブと投入されており、惜しげも無くお湯が流れ去っています。なんと贅沢な・・・
同じ源泉なので、浴感は小浴槽の物と変わりません。ただ、湯船が広い分、小浴室よりも源泉の投入量が盛大で、こちらの方が鮮度良く感じます。
湯底の一角には、泥のような湯花が大量に堆積していました。良いお湯の証明でもあるわけですが、ちょっと気持ちが悪いかも・・・?
こちらも温く、マッタリ出来ます。思わず、お湯に浸かりながらウトウトしてしまい、30分近く居眠りをしてしまいました。

いやぁ、良いお湯です!
温いのでゆっくり出来るし、夏場なんか、本当に最高だと思います。
一度宿泊でじっくり浸かってみたいですね。
関東東北にも温いお湯はありますが、この泉質でってのは無いような気がします。
もし山陰に再訪する機会があれば、次回は真夏の暑い時期に来たいと思いました。

動画

2008-10/13

コメント

タイトルとURLをコピーしました