新潟県

道端ドラム缶の湯(某ASD温泉)

この源泉を利用した「麻生の湯」と言う日帰り施設が完成し、垂れ流しはもうありません
(麻生の湯のレポートは後日掲載予定)

塩化物泉? 38度前後

新潟県長岡市某所
料金 無料
営業時間 24時間

新潟県長岡市某所。高台の道路脇にゴミ箱にも似たドラム缶が置かれており、そこからお湯が溢れ、捨て去られています。
聞けばここ、以前は温泉施設があったそうですが、随分と前に廃業し、それ以来お湯が捨てられ続けているのだとか。
何ともマニア心をくすぐられるトコロですねー!(笑)
ところが、最近になり施設債権の兆しがあるらしく、温泉仲間に、「ここ、そろそろ浴びれなくなるよー」と言われ、急遽行って参りました。

さて、問題のドラム缶温泉はと言うと、小高い丘の上にありました。
噂どおり、ドラム缶かに突き刺さった掃除機ホースのようなものからお湯が無造作に捨てられています。
事前に場所を教えて貰ってから行きましたので、全く迷う事無く到着出来ましたが、普通の人なら、まさかこんな所に温泉が捨てられているとは思わないでしょうね。
道路脇ではありますが、交通量が全くと言っていい程無い場所です。


自分の車を目隠しになるよう駐車し、ちゃっちゃか服を脱ぎ、お湯を浴びました。

うーん。傍から見たら明らかにヘンな人です。(笑)
お湯は38度程度と思われ、この時期には少し温い温度。
かなり塩分が濃いお湯で、口に含むと強烈な塩味と、後には渋みと苦味が残ります。
ハッキリ言って、飲めたものではありません。
湯口代わりのホースからは、白くアワアワになったお湯が出ており、さぞかし炭酸成分が多いのかと期待をしましたが、これは単にホースの形状が原因みたいです。
お湯をペットボトルに入れてシャカシャカ振ってみましたが、炭酸泉にある「プシュッ!」っていうのがありませんでした。
塩分が非常に多かったせいか、温い泉温にも関わらず、湯上りはずーっとポカポカしていました。かなり力強いお湯ですね。
浴びるだけとは言わず、是非とも湯船で入浴してみたかった一湯です。

まー、場所が場所ですので、よほどの物好きでないと、オススメ出来ません。
と、言うわけで、具体的な場所と温泉の名前は伏せておきます。
どうしても入りたいと言う方は、メールでご相談下さい。

ちなみに、このドラム缶の近くで、何かを建てる予定らしく、地ならしされていました。
やはり、日帰り温泉施設でも作られるのかな?
完成が楽しみなような、このままであって欲しいような、ちょっと複雑な心境です。

2005-10/30

コメント

タイトルとURLをコピーしました