埼玉県

小江戸はつかり温泉 (小江戸はつかり温泉) ★3.5

ナトリウム-塩化物泉
(小江戸川越温泉)
37.8度 / ph7.7 / 421L / 動力 / H16.12.9
Na+ = 2002 / K+ = 14.5 / Ca++ = 129.9 / Mg++ = 51.5
Fe++ = 1.2 / Cl- = 3032 / Br- = 13.9 / I- = 1.3
SO4– = 2.8 / HPO4– = 1.3 / HCO3– = 446.7
H2SiO3 = 28.6 / HBO2 = 18.6 / CO2 = 23.8
成分総計 = 5770mg

埼玉県川越市渋井26-1
049-230-4126
男女別内湯 ・ 露天 ・ サウナなど、さまざま
8:00 – 25:00 (最終受付は24時)
650円 / 土日祝750円 ・ 朝風呂&夜風呂550円

いつもお世話になっている、自遊人の温泉パスポートを利用して立寄って来ました。
場所は川越駅から少し走ったところです。幹線道路と畑に挟まれた広々した所にあります。
駐車場が広々しておりますが、既に多くの人が訪れているようで、駐車スペースを少し探してしまいました。
夜遅くまで営業しているので、とても使い勝手が良さそうです。

所謂スーパー銭湯系と言う感じで、内部は休憩所をはじめ、食堂、岩盤浴やヘアサロンなど、色々と揃っています。
お風呂は「さらさらの湯」と「ざぶーんの湯」の2か所あり、私が訪れた際は「ざぶーんの湯」が男湯になっていました。

で、このざぶーんの湯、何がざぶーんかと言うと・・・
私が何も知らず、露天にある源泉ぬる湯風呂に浸かっていると、突然轟音と共に、目の前の屋根から、お湯が滝のように落ちてくるではありませんか!
何事かと思ったら、屋根の上に大きな桶(湯船?)がひっくり返って、お湯が落とされたようです。要はでっかい獅子脅しですね。
一定時間ごとに、文字通りザブーンと流れ落ちるのです。
残念ながら、このお湯は観賞用で、打たせ湯代わりにはなりません。凄い水勢ですので、打たせ湯なんかにしたら、怪我しそうですけど・・・

で、肝心のお湯。滞在中は主に源泉ぬる湯に浸かっていました。
泉質は塩化物泉で、ほんのり黄土色に濁っています。ペタペタする肌ざわりで、浴後は塩分で肌がベタつきます。
お湯からは僅かに潮臭と、金気臭。他にも臭素臭でしょうか、アブラ臭崩れのような臭いもします。
源泉ぬる湯は38度くらいで、温く、ずっと入っている事が出来ます。加温かけ流しのようですが、源泉温度は37.8度なので、加温も僅かと思われます。
源泉そのままの特徴を感じながら入れて、悪くありません。

個人的に、スーパー銭湯は好きになれないのですが、温めの良いお湯に浸かりながら、「そろそろ流れ落ちるぞ・・・!?」秒読みしながら、ざぶーんの桶を眺めながら入っていると、時間を忘れる事が出来ます。
たまにはこう言うのも良いなぁと思いました。

ちなみに「さらさらの湯」だった女湯ですが、こちらは至って普通だったとの事。
ざぶーんの湯について説明したところ、紅鮭が少し悔しがっていました。(笑)
折角行くのであれば、是非ともざぶーんの湯に浸かって欲しいと思った、面白い一湯です。

2009-3/21

コメント

タイトルとURLをコピーしました