埼玉県

まきばの湯 (サイボク天然温泉) ★4.0

ナトリウム-塩化物温泉
(サイボク天然温泉) 40.6度 / ph8.1 / H14.5.24
Na+ = 2452 / K+ = 24.2 / Ca++ = 178.6 / Mg++ = 11.9
Fe++ = 0.6 / Li+ = 0.3 / NH4+ = 0.5 / Sr++ = 1
Cl- = 4095 / HCO3- = 60.4 / SO4– = 1.9 / Br- = 20.2
I- = 9.6 / HS- = 0.07 / CO3– = 3.6 / H2SiO3 = 25
HBO2 = 79.5 / 成分総計 = 6972mg

埼玉県日高市大字下大谷沢546
042-989-4126
男女別内湯 ・ 露天風呂 ・ サウナ など
1500円 (18時以降は1000円)
10:00 – 22:00 (最終受付21時)

サイボクハムと言う、精肉メーカーが経営する、日帰りの入浴施設です。
比較的最近出来た施設と聞いていますが、泉質も良いと評判で前々から気になっていました。
しかし、立ち寄り入浴料がとても高いので、なかなか行く気になれず・・・
今回たまたま、何度も利用している自遊人の温泉無料パスポートで利用出来たため、これはチャンスとばかりに行ってみました。
ナビに入れて、たどり着いた施設は、なんとも立派で大きな施設です。
広々とした駐車場があり、温泉施設の隣には、温泉より前からあったであろう、お肉の直売所や、地元の野菜などを売っている建物が並んでいます。
驚いた事に、すでにかなりの人が訪れているらしく、広々とした駐車場はほぼ満車で、場所を探してやっと停めなければならないくらいでした。

さて、内部。受付で手続きを行い、鍵を貰って入るタイプです。自遊人のパスポートを受付の女性に渡すと、「沢山回っていらっしゃいますね!」と言われ、とても感じが良いです。
内部は、入浴料金に見合っているとでも言うのでしょうか、とても立派です。お土産コーナーや売店がとても充実しています。
精肉メーカーが経営しているだけあり、ウインナーなど、豚肉がとっても充実していました。

さて、お風呂。施設の規模に見合った広々とした物です。
まずは内湯。入って正面に掛け湯コーナーがあります。なんと、豚湯口!さすが精肉メーカーです。


この調子でアチコチ豚がいるのかと期待しましたが、残念ながらそれはありませんでしたが、こう言うのを見ると少し嬉しくなります。
内湯には洗い場や各種浴槽が並んでいます。主浴槽には温泉が張られており、うっすらと黄土色に濁っています。
浴槽内での肌触りは少しツルツル、お湯から上がるとシットリする塩化物系のお湯で、潮臭、金気臭と、ガス臭のような成分臭がします。噂どおりになかなか良い。
ただ、幸い塩素臭はしませんでしたが、循環されているようです。

続いて露天。露天は広々とした岩風呂があり、他にも寛いで休めるスペースや、つぼ湯などがあったりします。
湯量は豊富なようで、そのいずれにも温泉が張られておりますが、矢張り循環がされている様子。塩素臭がしないのは幸いですが、少しガッカリ。

唯一の掛け流しは、この岩風呂の少し上、何だか櫓のようになっており、岩風呂全体を見下ろす事が出来る高台にある湯船です。
4~5人程度入れる小さめな湯船には、少し熱めの源泉が張られています。
こちらのお湯は掛け流しだけあって、他より少し濃く感じ、鮮度も悪くはありません。
湯口からは源泉がザブザブ注がれており、臭いを嗅ぐと、金気臭と潮臭、ほんのりガス臭を感じます。
塩分を多く含むお湯で、そのうえ熱めなので、ガツンと温まります。評判が良い事も頷ける、気持ちが良いお湯で、「来て良かったなぁ!」と、心底実感出来ます。

ただ、全体の利用者数に対し、この掛け流し浴槽は、少し小さい気が否めません。
途中まで来て、先客が多い為に引き返す人が何人もいます。その為、私もずっと留まってゆっくりする気分になれません。
引き返して行く人を見る度に、「あぁ、譲らなきゃ!」って思えて来るのですね。
もっとも、濃くて熱いお湯なので、ゆっくりすると言っても、体力の限界が先に来てしまいそうですが、あまり落ち着く事出来ないまま、引き返す事になってしまいました。
温泉スタンドがあるくらいに湯量豊富なのだから、同じような掛け流し浴槽を他にも用意してあれば、もっと良くなる気がするんだけどなぁ・・・

全体的な印象としては、なかなか良かったです。これで料金がもう少し安ければ、何度でも来たいと思ってしまいます。
ちなみに、全くお金を落とさないで帰るのも気が引けるし、少し気になったので、売店の豚肉ウインナーなどを色々と買って帰りました。
で、お味の程はと言うと・・・実家の両親に食われてしまい、分からず・・・(´;ω;`)
ウインナーを買うついでに、もう一度行こうかな。。。

2008-12/13

コメント

タイトルとURLをコピーしました