塩原新湯温泉 栃木県

渓雲閣 (塩原新湯温泉) ★4.0

単純酸性硫黄温泉
(共同噴気泉(なかの湯)) 79.2度 / ph2.6
Na+ = 4.8 / Ca++ = 6.3 / Mg++ = 2.5 / Al++ = 8.8
Fe++ = 1.4 / HSO3- = 17.9 / SO4- = 211.7
H2SiO3 = 89.8 / H2S = 55.4 / 成分総計 = 414mg

栃木県那須塩原市湯本塩原37
0287-32-2361
男女別内湯
1000円
12:00 – 15:00

塩原新湯温泉の街道沿いにあるお宿、渓雲閣です。
日本秘湯を守る会の会員宿で、玄関先にはお馴染みの提灯がぶら下がっていました。
なかなか立派な旅館で、落ち着けそうなところです。
秘湯っぽさは余り感じさせないところがいかにも秘湯会って感じで、ある意味微笑ましいです。
ちなみに、以前一度訪れているのですが、その時は清掃中で入る事が出来ませんでした。今回はOKとの事で、ほっと胸を撫で下ろす。

さて、お風呂ですが、内湯と露天があります。
ただ、季節的なせいか、この日は露天が使えず、入れたのは内湯のみです。
宿の規模からすると相応といった感じの浴室で、洗い場が数人分と長方形の湯船があります。
内湯なのですが、採光がとても良く、眺めも良いです。
広々とした窓から下を見下ろすと、共同浴場「むじなの湯」が見えました。

さて、お湯ですが、うっすら青みがかった白濁のものです。
かろうじて湯底が見えたのですが、どうやら湯花が沈殿していたらしく、浴槽に体を沈めたところ湯花が舞い上がり湯底は見えなくなりました。

特徴としては、新湯で引かれている共有源泉なので、大きな違いは感じません。
ほんのり硫黄臭があり、サラサラとした肌触りの浴後感が良いものです。
たぬきの湯口からは熱い源泉が注がれており、口に含んだところ、硫黄味と酸味を感じました。
清掃直後だったのか、利用者が少なかったからなのか、鮮度が非常によく、とても気持ちが良かったです。

入浴料が1000円と割高なのが玉に瑕ですが、湯巡り手形で半額の500円になりますので、是非とも有効活用したいですね。
新湯には他にも立ち寄れる所が沢山ありますが、選択して間違いの無い一湯です。

2006-12/24

コメント

タイトルとURLをコピーしました