奥日光湯元温泉栃木県

奥日光パークロッジ 深山 (奥日光湯元温泉) ★4.0

含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉
(奥日光開発㈱5号・6号混合泉) 61.4度 / ph6.3
Na+ = 175.1 / K+ = 24.2 / Ca++ = 173.2 / Mg++ = 6
Cl- = 130.1 / HS- = 7.6 / SO4– = 430.2 / HCO3- = 296.2
H2SiO3 = 112.4 / HBO2 = 24.2 / CO2 = 249 / H2S = 43.1
成分総量 = 1677mg

栃木県日光市湯元2549
0288-62-2211
男女別内湯
500円
営業時間 要確認

日光湯元のこじんまりとした民宿のような温泉旅館で、東武バスの終点湯元温泉駅の目の前にあります。
日帰りの入浴が出来るかどうか分からないままに、とりあえず入れてもらえたら幸いと思って交渉してみたところ、すんなりとOKのお返事を頂きました。
家族経営なのでしょうか、とてもアットホームな感じで心癒されます。

お風呂は内湯のみで、男女別に別れています。
半地下にあるため、昼間でも少し薄暗く、開放感が全く無いのですが、私個人的にはこう言う造りの方がかえって落ち着くので好きです。
必要最小限のものだけが揃った感じの浴室には少し細長い湯船が一つあり、期待通りの白く濁る日光湯元の硫黄泉が張られていました。
薄暗い室内ですので、実際の色とは少し異なるかもしれませんが、ほんのり緑がかった白濁のお湯です。
掛け流しらしく、湯口からは素手で触るには熱いお湯がチョロチョロと掛け流されていました。

臭いはほんのり硫黄臭がするもので、思った程には強くはありません。
シットリとした肌触りで、とてもよく温まり、じっくり浸かっているとなかなか心地良いです。
日光湯元のお湯ってもっと濃い印象があったのですが・・・久しぶりに浸かるので、正直「こんなもんだったかなぁ?」と言う感想ですが、気軽に立ち寄れそうな雰囲気でしたので全体的に考えるとなかなか悪く無いと思いました。

2006-6/17

コメント

タイトルとURLをコピーしました