塩原新湯温泉栃木県

奥塩原高原ホテル (塩原新湯温泉) ★4.5

単純酸性硫黄温泉
(共同噴気泉(なかの湯)) 79.2度 / ph2.6
Na+ = 4.8 / Ca++ = 6.3 / Mg++ = 2.5 / Al++ = 8.8
Fe++ = 1.4 / HSO3- = 17.9 / SO4- = 211.7
H2SiO3 = 89.8 / H2S = 55.4 / 成分総計 = 414mg

栃木県那須塩原市湯本塩原113-4
0287-32-2464
男女別内湯 ・ 露天風呂
800円
12:00 – 14:00

塩原新湯温泉にあるホテルです。
駐車場完備で、使い勝手がなかなか良い印象。
受付で湯巡り手形を渡し、入浴のお願いをしたところ、手形の名前を記載するようにと言われました。何でも、ひとつの手形を使いまわす人がいるそうですね。

お風呂は勿論男女別になっており、内湯と露天があります。
脱衣所から内湯を見下ろせる造りになっていました。内湯は木造の湯小屋になっており、まだ新しい印象です。雰囲気が良いので女性にも喜ばれそうですね。
実際のところ、温泉にあまり興味が無さそうなカップルやファミリー層が数名利用されておりました。

まずは内湯。洗い場数人分と、湯船が一つあります。
源泉は「なかの湯」の共同源泉を引いているようで、硫黄臭を放つ白濁のお湯です。
鮮度が非常に良い印象で、前日訪れた同じ源泉を引いている新湯温泉の「下藤屋」に比べるとお湯から香る硫黄の臭いがとても強い印象です。
湯口から熱めの源泉がチョロチョロと掛け流されており、新湯投入量は決して多くないのですが、恐らくお湯を張り替えて間もないからでしょうか。
じっくり入る事が出来る良いお湯で、思わずゆっくりしてしまいました。

次に露天風呂。内湯からそのまま外に出る事が出来ます。
こちらは湯船があるだけのシンプルなもので、タイル張りの浴槽が一つありました。
お湯は内湯と同じく白濁の硫黄泉で、こちらも湯口チョロチョロの掛け流しになっています。
こちらのお湯の鮮度も良く、しっかりと硫黄臭が漂い、とても気持ちが良いです。
途中から天気が崩れ、雨が降り、強制的に天然加水されてしまいました。

日帰りの入浴時間が短いのが難点。お蔭で、いつでも気軽にとはいきませんが、時間さえあえば是非ともまた来たいと思いました。
いつでもお湯の調子が良いとは限りませんが、お勧めできる一湯です。

2006-7/9

コメント

タイトルとURLをコピーしました