沢渡温泉 群馬県

澤渡館 (沢渡温泉) ★4.0

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
(県有泉) 54.9度 / ph8.5 / 125L / 動力 / H10.3.24
Na+ = 158 / K+ = 5.59 / Ca++ = 188 / Cl- = 200
SO4– = 484 / HCO3– = 3.1 / CO3– = 6.9 / HS- = 0.6
H2SiO3 = 63.2 / HBO2 = 9.1 / 成分総計 = 1120mg

群馬県吾妻郡中之条町大字上沢渡2311
0279-66-2218
男女別内湯
300円
営業時間 要確認

共同浴場の目の前にあるお宿です。
一見すると民家にも見えなくないのですが、ちゃんと看板が出ているので、簡単に見つけることが出来ました。
中に入り入浴をお願いすると、「うちのお風呂は小さいですけど良いですか?」との事。勿論と答えると浴場まで丁寧に案内してくださいました。
外見から想像出来る造りとまるで同じ、民家のような内部で、お風呂へ通じる通路も細くて暗い印象です。
とても鄙びているのですが、どこか郷愁をそそる佇まいで何故か落ち着けるのです。
お風呂はちゃんと男女別に別れておりますが、男性用の脱衣所はお宿の生活スペースを兼ねているのか、洗濯機などがあり、そのまんま一般家庭の一部と言う感じがしました。

さて、お風呂。中に入ってビックリ。まぁ、分かっていた事ではありますが、本当に狭いです。
ビザ状の湯船が1つあり、洗い場も必要最小限と言う大きさ。
どこぞの共同浴場の方がはるかに広くて立派です。
男女浴室は扉一枚で繋がっており、自由に行き来する事が出来ます。
お宿の女将さん曰く、他に誰も来なければ好きなように使って良いよとの事。
タイル張りの湯船が目に眩しく、鄙びた風情が大好きな私にとっては、感動的とも言える素晴らしい造りをしています。

お湯はちょっと熱めです。身を沈めるとザバーっとお湯が溢れ、一瞬ですがとても贅沢な気分を味わうことが出来ます。
お湯は沢渡の共同源泉を使用しており、直前に立ち寄ったまるほん旅館や共同浴場のものと同じものなのですが、利用者が少なく循環や塩素消毒がされていないため、こちらの方が断然鮮度良く感じます。
小さな湯船ですので、まるでツボの中に入っているような心地良さがあります。
大浴場では絶対に真似できない安らぎを得ることが出来、とても落ち着けます。
滞在中は他にお客さんが来ること無く、貸切状態を楽しみながら、気持ち良く入浴する事が出来ました。

宿泊すると、2食付きでもとても安く泊まれるみたいです。
いつも草津に吸い寄せられてしまっている私ですが、たまにはココでゆっくりと静かな一夜を過ごしてみるのも良いかも知れませんね。
いつかは機会を見つけ、一晩中このお湯を堪能してみたいと思いました。

2007-4/22

コメント

タイトルとURLをコピーしました