沢渡温泉 群馬県

まるふく旅館 (沢渡温泉) ★4.5

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
(県有泉) 54.9度 / ph8.5 / 125L / 動力 / H10.3.24
Na+ = 158 / K+ = 5.59 / Ca++ = 188 / Cl- = 200
SO4– = 484 / HCO3– = 3.1 / CO3– = 6.9 / HS- = 0.6
H2SiO3 = 63.2 / HBO2 = 9.1 / 成分総計 = 1120mg

群馬県吾妻郡中之条町大字上沢渡2318
0279-66-2331
内湯 × 1
300円
営業時間 要相談

沢渡温泉の共同浴場から2軒隣にある、小さなお宿です。
沢渡温泉と言えば、一般的に、共同浴場とまるほん旅館が有名です。源泉は共有なのですが、私はこの素朴な温泉街が大好きで、少しずつ時間を掛けて全部まわって見たいと思っていたのです。
と、いう事で、共同浴場を尻目に、こちらに立ち寄ってみました。

お宿の玄関は自動ドアです。なんか、この静かな温泉街には少しそぐわない印象を受けない訳でもありません。
中に入ると、少し薄暗い感じで、やっているのかどうか不安になります。
「ごめんくださーい」と声を掛けると、暫くした後に、お婆ちゃんが出てこられました。私が立ち寄り入浴をお願いしたところ、少し怪訝な顔をされています。
どうやらお風呂だけ入りに来る人も少ない様子。それでも「良いよ、こっちだよ」と、案内して下さりました。
私が「お幾らですか?」と聞くと、「町営(共同浴場)と一緒で良いよ」との事。幾らだったか分からないでいると、「確か300円だったと思うけどねぇ」と仰るので、2人分で600円を支払いました。なんともアバウトです。

案内して貰ったお風呂は、なんと混浴でした。どうやらお宿にお風呂がひとつしか無いようです。
「今は誰も入って来ないから、一緒に入ると良いよ」と、お婆ちゃん。お言葉に甘えて貸切で利用させて頂きました。
余談ですが、この日は直前に四万温泉で3箇所立ち寄りをし、そのいずれも、意図せず結果的に貸切で利用しています。
今回ココで貸切になったので、結果的に、4箇所連続です。
今までこんな事はありませんでした。珍しい事もあったものです・・・

さて、そんなこんなで利用したお風呂。シンプルに湯船がひとつと、小さな洗い場があるだけです。
お世辞にも新しい作りとは言えませんが、木製の湯船で、ちゃんと手入れがされていて、とても清潔な印象を受けます。
お湯は無色透明の、沢渡共有源泉。湯底に白い紙くず状の湯花が沈んでいます。
湯口からは少量づつお湯が注がれており、湯船から溢れたお湯が洗い場に流れ去っていました。

お湯は、46度近くありそうな、結構熱めです。十分に掛け湯をして、体を慣らしてから、どぶんと飛び込んでみたのですが・・・沢渡特有の芒硝によるビリビリする刺激が全身に伝わり、実際の温度以上に熱く感じます。
暫くの間誰も利用していなかったであろうお湯は、鮮度抜群で、温度が高い事も手伝って、攻撃的なまでにパンチが効いた力強さがあります。
お湯からはほんのり硫黄臭。湯口にはコップが置かれており、それを使って飲んでいた所、美味しい硫黄味がします。
紛れも無く沢渡の源泉なのですが、鮮度が抜群で素晴らしいです。

お湯から出たら、汗だくでヘロヘロ。ゴロンと洗い場に寝転んでみたのですが、これがまた実に気持ちが良いです。
寝転がりながらたまに掛け湯で汗を洗い流すのですが、この瞬間が何とも言えず、幸せなのです。
結局、数度入ったものの、大半の時間を洗い場で横になって過ごしてしまいました。

浴後、お婆ちゃんとお話をしたところ、やっぱり立ち寄りで来る人は珍しかったそうです。
ただ、色々と話が弾み、「またおいで」と仰って頂けました。
沢渡温泉では、ココだけに限らず、良い印象ばかりが残っています。温泉街全体がその街を支える優しさで包まれているのでしょうね。
いつ行っても立ち寄りで利用出来るとは限りませんが、また機会を見つけて是非訪れてみたい一湯でした。

2008-9/20

コメント

タイトルとURLをコピーしました