群馬県 草津温泉

素泊まりの宿 はなみづき (草津温泉) ★3.5

酸性・含硫黄-アルミニウム- 硫酸塩・塩化物温泉
(源泉名:湯畑) 55.7度 / ph2.08 / 4437L
Na+ = 43.5 / K+ = 13.5 / Ca++ = 72 / Fe++ = 15.13
Al3+ = 45.2 / Cl- = 305 / SO4- = 654 / HSO = 183
H2SiO3 = 246 / HBO2 = 7.09 / H2S = 8.8
蒸発残留物 = 1640mg

群馬県吾妻郡草津町大字草津51-2
0279-88-3323
内湯 × 1
525円
営業時間 要相談

宿泊予約の際に何度か利用しているインターネットサイト「じゃらん」。
このじゃらんで草津の宿を検索し、安い順番に並べると、必ず一番先頭にやってくるのがココ、素泊まりの宿はなみづきです。
度々目にする事から、ずっと気にはなっていました。

さて、お宿。バスターミナルから程近く、歩いて1~2分程度でしょうか。ただ、路地裏でちょっと分かりにくい所にあり、最初は少し迷ってしまいました。
素泊まりの宿と言うだけあり、とてもこじんまりとしたシンプルなもので、看板が無ければ民家と区別がつかないほどのものです。
入り口には太鼓があり、御用の方は叩いてお呼び下さいとありました。
なかなか面白い趣向ですが、同宿していた家族のお子さんがひっきり無しに太鼓を叩いて遊んでおり、私まで叩くと、一緒に遊んでいるように見られてしまうのが難点です。

お部屋はとてもシンプルなもので、とりあえず寝るだけと言った感じ。
民家を改造したような造りで、壁が薄く、廊下や隣の部屋、階下の話し声が筒抜けになってしまいます。
まぁ、金額相応と言う気もしますので、私はたいして気になりませんでしたが、この手のお宿に慣れない人には少々辛いかな?
お出迎えして下さった女将さんは、とってもアットホームで人懐こい感じの方です。初めて来たのに、しょっちゅう利用した事がある常連になったような気分です。
部屋といい、女将さんといい、良くも悪くも、都会的な対応をする旅館とは正反対な印象です。

さて、お風呂。内湯のみで、1箇所しか無いので、貸切での利用になります。
先客が居る場合は待たなければなりませんので、不便と言えば不便ですが、客室数が少ないので、あまり気になりません。
急ぐのであれば、徒歩1~2分の所に瑠璃の湯、白嶺の湯など、共同浴場が数軒ありますので、そこを利用する事も可能です。
こちらに引かれている源泉は湯畑。家庭風呂を大きくしただけのようなポリバス湯船がひとつある、とてもシンプルなものでした。

お湯は無色透明で、僅かに硫黄臭がする、何度も入っているお馴染みの湯畑源泉です。
湯口は調整可能で、ドバドバ注ぐことも出来ます。同時に加水する事も出来ますので、熱ければ調整可能。
つまり、好きなように入ってくれと言うスタイルのようです。
先客が大量加水してしまうと目も当てられない事になりますが、私が入った時は43度くらいで、鮮度もそれほど悪くない状態でした。
折角なので、湯口を前回にして熱いお湯をどんどん投入してみたらところ、みるみるうちに温度が上がり、とても気持ちが良い状態になります。
共同浴場に比べると当然湯船も小さく、鮮度抜群。まるで関の湯のような状態で湯畑源泉を楽しむことが出来ます。
当初は、安く寝泊りが出来るだけの宿と決め付けていましたが、しっかりとお湯も楽しむ事ができるのは少し意外でした。

格安で宿泊出来て、かつ、お湯が良い。なかなか良いお宿です。
しかも、お風呂が開いていれば日帰り入浴(勿論貸し切り)での利用も可能だそうです。
とはいえ、隣との壁が厚いうえにレア源泉所有の安いお宿は他にもあります(あえてどことは明記しない)し、湯畑源泉を楽しむならば、湯量と無料と言う意味でも関の湯に軍配。
そんな訳で、評価的には少々手厳しい結果になってしまい、申し訳無いですが・・・
ニーズ次第では最強とも言えるお宿です。

2007-8/18

コメント

タイトルとURLをコピーしました