群馬県 草津温泉

共同浴場 翁の湯(草津温泉) ★3.5

酸性・含硫黄-アルミニウム- 硫酸塩・塩化物温泉
(源泉名:湯畑) 55.7度 / ph2.08 / 4437L
Na+ = 43.5 / K+ = 13.5 / Ca++ = 72 / Fe++ = 15.13
Al3+ = 45.2 / Cl- = 305 / SO4- = 654 / HSO = 183
H2SiO3 = 246 / HBO2 = 7.09 / H2S = 8.8
蒸発残留物 = 1640mg

群馬県吾妻郡草津町大字草津
男女別内湯
無料
24時間

ホテル望雲の駐車場すぐ傍、観光客で賑わう温泉街から少しだけ外れた場所にポツンとあります。
探して行かなければなかなかたどり着かない所でしょうね。
2020年にこの記事を執筆している時点では、観光客の外来入浴は可能です。
ただ、以前はここを含めて他の共同浴場も観光協会が案内していましたが、今では白旗、地蔵、千代の3箇所以外の共同浴場は紹介から外されています。
草津の共同浴場では観光客のマナーが度々問題視されていましたので、その対策なのかもしれません。

お湯は湯畑源泉です。
湯畑から少し離れているのと、湯畑の場所からは高台に位置しているこの共同浴場にどうやって引き湯しているのか少し興味がありますけど・・・
お湯の印象は湯畑そのもの。うっすらと硫黄臭を感じる、柔らかいお湯です。
他の共同浴場と比較すると湯舟の大きさが少し広めなので、ゆったりと浸かることが出来ます。ただその影響か、洗い場がちょっと狭い。
お湯にチャポンと浸かって出る分には申し分ありません。

普通に観光している人は、なかなか来る機会の無い共同浴場です。
温泉が好きで、あえてここのお風呂に入りたい!と言う方、地元の方がいたら挨拶とお礼の声掛けは当然の事として、マナー良く利用しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました