小野川温泉 山形県

高砂屋旅館(小野川温泉) ★4.0

含硫黄-ナトリウム・カルシウ ム-塩化物温泉
(協組第4号源泉高見屋源泉) 80.3度 / ph6.9
Na+ = 1412 / K+ = 123.2 / Mg++ = 4.3 / Ca++ = 547.2
Cl- = 3199 / Br- = 8.7 / HS- = 1.7 / SO4- = 78.3
H2SiO3 = 241.7 / HBO2 = 28.7 / CO2 = 24.4 / H2S = 2.5
蒸発残留物 = 5831mg

山形県米沢市小野川町2427
電 話 0238-32-2224
男女別内湯 ・ 露天風呂 ・ 足湯
不明 (夢ぐり独楽使用)
7:00 – 21:00

小野川温泉の中心地にある共同浴場、尼湯。そのすぐ向かいにあるのがこの高砂屋旅館です。
実に風情がある数寄屋造りの建物で、ついつい吸い寄せられるように中に入ってしまいました。
建物内部も外観に負けない程の風情があり、温泉情緒は申し分の無い造りをしていますね。

玄関先には飲泉と足湯が出来るコーナーがあり、こちらは宿泊者で無くても無料で利用出来ます。
私個人的には足湯に興味が無いのですが、飲泉は大好きなので、とても嬉しいサービスですね。
小野川のお湯は美味しいので、足湯だけでなく飲泉もオススメです。

さて、浴室ですが、建物に入って長い廊下を歩いた先にあります。
勿論男女別で、それぞれに内湯と露天がありました。
まずは内湯ですが、岩風呂になっており、なかなか風情が良いです。
湯船は一つですが、丸太のような太い木がお湯の表面に組まれており、熱めと温めの2槽に分かれていました。
心地の良い硫黄臭が香るとても良いお湯で、粉雪のような白い湯花が舞っています。塩分を多く含む泉質なので、温めに入ってもしっかり体が温まり、どっと汗を掻きます。
湯口からはお湯がチョロチョロと掛け流し。どうやら、加水はしていないようで、熱い源泉をチョロチョロと掛け流す事で湯船の中の温度を適温に保っているみたいです。
鮮度はあまり良くありませんでしたが、濃厚なお湯でとても気持ちが良かったです。

露天には湯船がひとつあり、こちらも岩風呂になっています。
お湯は勿論小野川の温泉で、内湯と同じくチョロチョロ掛け流す事で適温に調整しているようでした。
内湯と露天、どちらも風情があって良いのですが、似たような岩風呂なので、もうひとヒネリ欲しい気がしますね。
オーソドックスですが、内湯はヒバ造り、露天を岩風呂とかにすれば良いのに・・・

とにかく雰囲気が良い旅館なので、お湯に極端な拘りが無い人にはオススメです。
湯上り、玄関にある足湯をしながらお連れさんを待つ。
どうでしょ?風情があって良いんじゃない?オススメの一湯です。

2006-2/4

コメント

タイトルとURLをコピーしました