小野川温泉山形県

旭屋旅館 (小野川温泉) ★4.0

含硫黄-ナトリウム・カルシウ ム-塩化物温泉
(協組第4号源泉高見屋源泉) 80.3度 / ph6.9
Na+ = 1412 / K+ = 123.2 / Mg++ = 4.3 / Ca++ = 547.2
Cl- = 3199 / Br- = 8.7 / HS- = 1.7 / SO4- = 78.3
H2SiO3 = 241.7 / HBO2 = 28.7 / CO2 = 24.4 / H2S = 2.5
蒸発残留物 = 5831mg

山形県米沢市小野川町2437-1
0238-32-2111
男女別内湯 ・ 露天風呂
500円
8:00 – 21:00

小野川温泉街の一角、中の湯共同浴場の並びにある旅館です。
結構大きなところですが、少し奥まった所にあるため、あまり目立ちません。
中に入ってみると、多少の年季は感じるものの、結構しっかりしている旅館です。
お風呂は少し奥まった所にあり、勿論男女別で、それぞれに内湯と露天がありました。

まずは内湯。タイル張りの浴室で、それなりに広いのですが、採光があまり無いので日中だと言うのに薄暗いです。
入ってすぐ左手の所に3~4人入れる程度の小さな湯船と、その奥に広々とした湯船がありました。
手前の湯船は結構熱く、45度程度でしょうか。
個人的には一番好きな温度なのですが、長湯する事は出来ません。
ただ、このお湯、鮮度も良いのでとても気持ちが良いです。
雪で凍えていた体は芯まで一気に温まり、汗が搾り取られるようにボタボタと流れ落ちるのが分かります。
お湯の感触としては、心地良い硫黄臭の漂う、ほんの少し肌触りがツルツルするとても柔らかいものです。
小野川の共有源泉を使用しているので、基本的に他所と大きく違う事はありませんが、この熱湯浴槽の湯使いがなかなかよく、すっかり気に入ってしまいました。
小野川でも上位にランクして良い素晴らしいものですね!

続いて、大きい湯船は、普通に適温。悪くは無いです。
露天は、岩風呂風ですが、屋根つきで眺望も無く、取ってつけた感の否めないものです。
雪が舞うほどの寒い外気温のせいかは知りませんが、ここのお湯が一番温く、40度あるかないかと言った程度。
熱湯で奪われた体力をゆっくり回復させるには良い温度ですが、単体で見た場合、鮮度や眺望などで特筆すべき所は無く、魅力を感じないものでした。

とにかく、ここのお風呂は、熱湯浴槽でその価値を高めていると言って過言ではありません。
この日、小野川では4箇所に立ち寄り、この旭屋が最後の一軒でしたが、最後を締めくくるに相応しい、素晴らしい一湯でした。
宿泊して体力が無くなるまでじっくりお湯に浸かって見たいものです。

2006-12/30

2017年 12月17日 - 再訪・日帰り入浴

およそ11年ぶりに再訪してきました。
流石にこれだけ期間が開くと、「どんなお湯だったかな?」よりも先に、「ここ、入った事のある旅館だったっけ?」と言う疑問の方が先にきます。

で、「確か入った事があるお宿だよなぁ・・・?」と思いながら入る訳ですが、浴室に入ってからも、「あれ?ここ、入った事あるよね・・・?」と、半信半疑なんですよね。(笑)
まぁ、11年も経てば記憶も薄れますし、その為の温泉備忘録ですから。

結論から言うと入った事のあるお湯です。
これくらいの期間を開けてする再訪は、ほぼ新規入浴みたいな感じなので、とても楽しいです。
この温泉めぐりと言う趣味ですけど、一生掛かっても「もうどのお風呂も入りすぎて、飽きた!」なんて事にはならなそうですね!

.

あ、肝心のお湯ですか?
とても気持ちが良いお湯でした!

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました