小野川温泉 山形県

うめや旅館(小野川温泉) ★4.5

含硫黄-ナトリウム・カルシウ ム-塩化物温泉
(協組第4号源泉高見屋源泉) 80.3度 / ph6.9
Na+ = 1412 / K+ = 123.2 / Mg++ = 4.3 / Ca++ = 547.2
Cl- = 3199 / Br- = 8.7 / HS- = 1.7 / SO4- = 78.3
H2SiO3 = 241.7 / HBO2 = 28.7 / CO2 = 24.4 / H2S = 2.5
蒸発残留物 = 5831mg

山形県米沢市小野川町2494
0238-32-2911
男女別内湯 ・ 貸切風呂
400円
8:00 – 21:00

共同浴場「滝の湯」のほぼ向かいに位置する温泉旅館です。
小野川でも一番お湯の使い方が良いという評判で行ってまいりました。

お風呂は内湯のみです。タイル張りの浴室で、洗い場数人分と湯船がひとつあるとてもシンプルな造りです。
浴室に眺望や風情を求める人には少し物足りないかも知れません。
しかし、このお湯、実に素晴らしいです!

小野川温泉では旅館、共同浴場共に、一つの共同源泉を利用しており、基本的にはどこに入っても同じお湯を楽しめます。
しかし、源泉温度が80度近くあり、そのままではとても使えません。
そこで、殆どの所では加水をするか、源泉投入量を絞ってチョロチョロと掛け流す事で対応しているようです。
しかし、このうめやは違います。ここでは熱交換システムを利用して適温に冷ましており、適温になった100パーセント源泉をドボドボと大量掛け流しています。
その為、たとえ源泉が同じでも、直前に入った共同浴場「滝の湯」のお湯と比べると一目瞭然です。
うめやのお湯は別物と言えるほどに濃厚で気持ちが良いのです。
焼けたような甘硫黄臭、肌触り、飲んだ印象、全てにおいて素晴らしく、源泉そのもののパワーがビシバシと伝わってきます。
あまりの気持ちよさに予定より長風呂してしまい、湯上りはヘロヘロに疲れてしまいました。

湯上り、汗だくになりながら受付に帰ると、うめやの若旦那がいらっしゃり、色々とお話を聞く事が出来ました。
若旦那曰く、先代のご主人が温泉好きで、いかに状態の良いお湯を提供出来ないかと色々と試行錯誤をされて今の熱交換システムを作られたそうです。
玄関脇のヒーターを指差し、「あれもお湯の熱で温めているんですよ!」と仰っていました。
幸いな事に、小野川のお湯は配管が酷く詰まるような事が無いそうですが、それでも矢張り年に1度くらいはメンテナンスや配管の交換をしなければならないんだそうです。

なるほど、良いお湯を提供するにも並々ならぬ工夫と維持が必要なんですね。
温度だけが問題であれば、加水すればそれで済むこと。
しかし、それをせず、あえて色々と大変な思いをされながら最高のお湯をご用意して下さるうめやさん、ただただ頭が下がるばかりです。

小野川に訪れたら必ず立ち寄りたい名湯です。
温泉好きであれば、小野川に来てココを素通りするなんて、アリエナイですぞ!
激しくオススメの一湯です!

2006年2月4日 - 初訪問時のレポート

2006年6月11日 - 再訪

小野川温泉を訪れる機会がありましたので、上記宣言したとおり、素通り
せずにちゃんと立ち寄ってきました。
今回も色々と小野川のお風呂に入りましたが、矢張りお湯でココに勝る
所はありませんでした。
いやぁ・・・素晴らしい。例によってゆっくりとしすぎてしまい、ヘロヘロに
疲れました。^^;

私が大好きな小野川温泉で、一番好きなお湯です。
やっぱりここは激しくオススメです!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました