山形県 東根温泉

小関館 (東根温泉) ★4.0

含硫黄-ナトリウム-塩化物・ 硫酸塩温泉
(さくらんぼ東根温泉協組12号源泉) 62.2度 / ph7.9
Na+ = 370.5 / K+ = 10 / Ca++ = 46 / Cl- = 440.6
SO4– = 203.4 / HCO3 = 159.8 / HS- = 1.4
H2SiO3 = 65.2 / HBO3 = 20 / H2S = 0.2
成分総計 = 1331mg

山形県東根市温泉町1丁目8-15
237-42-0003
男女別内湯
手形使用
営業時間: 要確認 (基本的に不可)

東根温泉の共同浴場「オオタ湯」のすぐ目の前にある旅館です。
通常日帰り入浴は受付けていないそうなのですが、東根温泉で定期的に行っている「湯巡り季」で立ち寄ることが出来ます。

お風呂は男女別で、それぞれ内湯のみです。
旅館の規模相応と言った感じで、なかなか使い勝手がよくまとまっている印象。
湯船は菱形で、3~4人程度入れる、適度な広さのものです。
湯口も菱形で、加熱されていない熱い源泉が少量づつ注がれていました。

お湯はほんのり黄味を帯びた透明のものです。
共同浴場などと違い、利用者が少ないので、お湯は清潔で鮮度が非常に良いです。
シットリつるつるする肌触りのお湯で、僅かに硫黄臭と、モール系のアブラ臭がします。
加水していないようで、他の東根のお湯に比べると幾分濃いような印象を受けます。とてもお湯使いが良く、気持ちが良いですね。

同行した友人は以前も入った事があるそうなのですが、その時はもう少し強いアブラ臭がしたとの事。
その時々で源泉の調子が違うと言うことでしょうね。
是非ともアブラ臭が絶好調の時にも入ってみたいと思いました。

2006-12/31

コメント

タイトルとURLをコピーしました