山形県肘折温泉

五兵エ旅館 (肘折温泉) ★4.0

ナトリウム-塩化物・炭酸水素 塩泉
(組合3号源泉) 73.5度 / ph6.7 / H15.10.31
Na+ = 948.4 / Mg++ = 27.7 / Ca++ = 106.7 / Fe++ = 1.6
K+ = 86.1 / Li+ = 2.2 / Cl- = 1178 / SO4– = 229.3
Br- = 1.3 / HCO3- = 753.5 / H2SiO3 = 225.9
HBO3 = 47.2 / CO2 = 252.2
溶存物質総量 = 3612mg

山形県最上郡大蔵村大字南山471
0233-76-2205
男女別内湯

肘折温泉街の一角、直前に立ち寄った旅館「玉乃屋」さんの目の前にあるお宿です。
あんまりに目の前過ぎるので、玉乃屋さんを後にしてから、すぐにここ五兵エ旅館に立ち寄るのに気が引けてしまいました。
玉乃屋の女将さんに見られていたらどう思われたかな?
まあ、「各旅館で湯巡りしています!」と言って立ち寄りしていますので、「お風呂好きねぇ」くらいにしか思われないとは思いますけど。(笑)

さてその五兵エ旅館。中に入ると、おばあちゃんが出てこられました。立ち寄り入浴をお願いしたところ、どうぞとの事です。
雪の中下駄でやってきた私を見て、「どちらにお泊りですか?」と聞かれました。「亀屋さんに泊まっています」と言うと、にっこり笑い、「どうぞどうぞ」と仰います。
私が「お幾らですか?」と聞くと、「いえいえ、結構ですよ」と仰るではありませんか。玉乃屋に続いて、なんと、無料入浴です。
恐縮していると、「別に減るものではありませんから」だそうです。
どういう基準でタダなのか分かりませんが、肘折に宿泊している人だったらどうぞって事なのかな?
ラッキーと言うより、むしろ、恐縮してしまいます。
お風呂は男女別で、内湯があります。ただ、この時はお婆ちゃんのご厚意により、男湯側を貸切で利用させて頂きました。

さて、そのお風呂。左手側に湯船がある、貸切で使うにはちょっと広いかなと言う物です。
土気色に濁ったお湯は、共有源泉の組合3号源泉。湯口からは熱めのお湯がざぶざぶと注がれており、どうやらちゃんと掛け流しのようで、洗い場にオーバーフローしています。
少し熱めのお湯は、44度くらいあるでしょうか。鮮度がとても良く、ふんわり金気臭と土類臭に包まれます。
この日、肘折ではしご湯をしていて、ここが4軒目です。事前に沢山お風呂に入り、しっかり温まったので、汗はかき切ったかと思いましたが、熱めで鮮度が良いお湯に浸かると、またどっと汗が噴出します。
体が悲鳴を上げている気がしましたが、気持ちよさに、お湯からなかなか出れません。うーん、良いなぁ!

ただ、一旦お湯から出ると、茹蛸状態。なかなかもう一度入ろうと言う気にならないのですね。
洗い場にゴロンと寝転ぶと、全身の力が抜けて行くような気がします。
結局、一度トドになってからは、出る直前に少しだけ浸かっただけで、大半の時間を洗い場で寝転んで過ごしてしまいました。

帰り際、おばあちゃんにお礼を言うと、「またいつでもどうぞ」と仰って下さいました。
こんなに鮮度が良くて、気持ち良いお湯を、無料で、そのうえ貸切でなんて、申し訳無い気分です。
是非ともまた来たいですが、その時は立ち寄りで無くて泊まりで来たいですね。
体力気にせず、フラフラになるまでガッツリ入ってみたいと思った、とても素敵な一湯でした。

2009-1/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました