宮城県青根温泉

坊源 (青根温泉) ★4.0

単純物泉
(大湯,新湯,山の湯,蔵王の湯,不忘の湯,花房の湯,新名号の湯)
(混合泉) 52度 / ph7.5
Na+ = 196.9 / K+ = 15.8 / Ca++ = 28.6 / Mg++ = 2.3
Cl- = 73.5 / SO4– = 227.8 / HCO3- = 244.9
H2SiO3 = 41 / CO2 = 27.5 / 成分総計 = 848.1mg

宮城県柴田郡川崎町青根温泉8-10
0224-87-2405
内湯×1 露天×1 (時間帯による男女入れ替え)
500円
10:00 – 17:00

岡崎屋旅館の裏手にある、見た目がとても鄙びていて良さそうな雰囲気のお宿です。
前回青根に来た際も何となく気になってはいましたが、今回始めて利用してみる事に。
アットホームで、山小屋のような雰囲気です。
入浴をお願いすると、快くOKを頂きましたが、いまの時間は男性は露天風呂だけとの事です。
お宿の見た目から、素朴な内湯を期待していたので、ちょっとガッカリ。
内湯もあるみたいですが、露天と内湯でそれぞれ1箇所しか無いので、時間帯で男女入れ替えているようです。
2時間おきの交代なので、ちょっとせわしない気もしますね。

さて、その露天風呂。内湯だったら良かったのになぁ・・・なんて思いながら、入ってみると、何とも良い雰囲気で先ほどまでの落胆を嘘のように忘れてしまいました。
半露天のようなもので、しっかり屋根がかかっています。
宿の外観から期待する通りの、山小屋のお風呂で、これはこれで、良い造りをしているではありませんか!
男女別入れ替えなのですが、何故か脱衣所は男女別で、湯船の脇に並んでいます。
男性用の脱衣所には、何故か洗濯機が置かれていて、とても手狭。以前は混浴でその時のまま怒っていると言う事でしょうか。
手作り感が溢れる湯屋で、何とも良い雰囲気です。

肝心のお湯は、無色透明、僅かに灰色の湯花が舞っています。お湯の臭いは芒硝臭。
結構広い湯船なのですが、鮮度は悪くありません。2箇所ある湯口からは芒硝臭の強い源泉が注がれており、しっかりと掛け流されています。
肌触りはサラリとして気持ちが良く、お湯から上がると冷たい空気も手伝って、汗がサッと引き、ベタベタした感じが一切しません。
ココは気に入ってしまいました!
露天と聞いた時点で、あまり長居するつもりは無かったのですが、気づけば随分ゆっくりとしてしまいました。

紅鮭曰く、内湯は内湯でなかなか素敵だったとの事です。
いやぁ・・・結構気に入りました。
それにしても、久しぶりに入った青根のお湯、こんなに良いお湯でしたっけ・・・?
最近この手のお湯が大好きです。青根の他の旅館にも立ち寄ってみたくなりました。

2008-2/16

コメント

タイトルとURLをコピーしました