宮城県東鳴子温泉

田中温泉旅館 (東鳴子温泉) ★4.0

重曹泉
(田中温泉)80.5度 ・ 複数源泉所有

宮城県玉造郡鳴子町大口字鷲ノ巣24
0229-82-2010
混浴内湯 ・女性用内湯 ・ 家族風呂 など
200円

東鳴子温泉の一角、私が何度か宿泊した事のある高友旅館の目の前にある旅館です。
一言で言うと、不気味。ボロ。お化け屋敷。あ、三言も言ってしまった。^^;
何故なら、昼はともかく、夜になっても電気がついておらず、やっているのかいないのか分からないような状態なのです。
何度目の前まで行って、入れずに断念した事か・・・
今回は意を決して突入しました。

駐車場に車を停めると、意外や意外、他にもお客さんがいるみたいです。
ただ、施設はちょっと異様。人を拒むかのような玄関は締め切りになっており、端っこの通用門みたいな狭いドアから中に入ります。
受付に人がいない事が多いと聞いていましたが、この日はちゃんといました。
入浴料は僅かに200円。
玄関は電気がついておらず、昼間だと言うのに薄暗いです。自販機の明かりが妙にまぶしい。お風呂は家族風呂や混浴大浴場、女性風呂があるようです。
私はとりあえず混浴大浴場、紅鮭は女性風呂に向かいました。

混浴の大浴場はとても広々としています。
浴室の中央には中庭があり、それを取り囲むように浴槽が2つあります。
どちらの浴槽も同じお湯で、黒味を帯びた濃い黄褐色のものが張られています。
このお湯が実に特徴的で、一言で言うと高友の黒湯に似ているかも知れません。
ガソリン系アブラ臭、焦げ臭、微硫黄臭、臭素臭などが混じった、何とも不思議なものです。うーん、気持ち良い・・・?
と言うか微妙。効きそうなお湯です。
肌触りはツルツルで、適温なのですが、泉質のせいか、矢鱈と汗を掻きます。
立派な造りをしている浴室に違いないのですが、何だか薄暗く、かなり鄙びています。
かえってそれが落ち着くもので、ゴロンとトドになるとなかなか気持ちが良いですね。
お湯を口に含んでみたところ、意外な程にアッサリしています。微塩分と、微硫黄味、薬味を感じました。

ちなみに、女湯に入った紅鮭曰く、そちらのお湯はアブラ臭がしない、単純温泉っぽいものだったそうです。
ただ、湯船にカエルの死骸があったとかで、もう二度と来たくないとか言っています。
ある意味田中らしい演出ですが、コマッタコマッタ。

今まで雰囲気が怖かったので敬遠していた田中温泉。
不気味な鄙び方はどうかと思いますが、お湯は結構よかったです。
立ち寄りだったらまた来ても良いかなぁ・・・?
紅鮭は車で待つことになるでしょうが。^^;

2006年5月6日-初訪問時のレポート

2009年6月20日-再訪

東鳴子温泉にある、名物旅館、田中温泉。なんと、2009年の6月末をもって、廃業すると言うではありませんか!
私は一度訪れていますが、ココの強烈な風情と、お湯の良さは、今でも鮮明に覚えています。入れなくなってしまうなんて、寂し過ぎます。
いてもたってもいられず、廃業前の滑りこみで立ち寄りしてきました。
ちなみに、今回鳴子で湯めぐりをしたのですが、それも全て、この田中温泉に入るために組んだ行程なのです。なんと、東京から鳴子まで日帰りしてしまいました。
いままで日帰りの北限は福島の白河でしたので、大幅に記録更新です。

さて、そのお風呂。以前は貸切風呂や女性用のお風呂があったのですが、今は混浴大浴場だけとの事です。ありゃりゃ・・・?
女性用のお風呂を覗いてみたら、確かにお湯が張っていません。貸切風呂も密かな楽しみにしていたのですが、まぁ、仕方が無いかな。何はともあれ、混浴風呂へ。
中は、田中の最後を惜しんでか、妙に多くの人で賑わっています。
私も廃業を知って慌てて来たひとりですが、普段からこれくらい活気があれば、廃業などせずに済んだのかも知れません。

大浴場の風情は昔と変わらずです。円形の浴室の中央には吹き抜けがあり、その吹き抜けに沿った湯船と、外周に沿った湯船があります。
前回はどちらも黒湯でしたが、今回は吹き抜け側の湯船のお湯が白濁していました。

まずはその白濁のお湯。ずっしり重くて力強いお湯です。強い硫黄臭と、潮臭に、金気臭らしきものと、ゴムが焦げたようなアブラ臭が交ります。
なんと言うか、一言で言うなら、これは田中臭です。他に表現のしようがない、いろんな成分が交る複雑なお湯と言う印象です。
お湯の温度は43度くらいで、適温です。しかし、お湯そのものが非常に濃く、また、塩分を含んでいるせいで、ずっしりと重くて体力が奪われます。
こんな良いお湯が今月いっぱいで入れなくなってしまうなんて・・・

続いて、外周の湯船。こちらに張られたお湯は墨のような黒いお湯で、透明度が高く、湯底に沈めた自分の足先がはっきり分かります。温度は40度程度で、温めです。
じっくり入っていられる温度ですが、こちらも成分が濃いのか、ずっと入っていると湯あたりしそうです。
臭いは白濁のお湯と明らかに違います。硫黄臭も多少しますが、比較すると弱いです。
代わりに、こちらもゴムアブラ臭が強めで、これまた他の成分と融合して、摩訶不思議な臭いです。
白濁のお湯が田中臭Aだとしたら、このお湯は田中臭Bです。どの成分がどのように反応して・・・とか、考えてしまうのは、いささか無粋な気がして来ます。
一言で言うならば、良いお湯です。それ以上の説明は不要じゃないかな?

お湯に浸かって、中央の吹き抜けを見ていると、まるで光の柱です。幻想的で神々しくも感じます。
ボーっと見ていると、この光の柱を伝って天に召されそうな気になってきます。
こんな極上なお湯がなぁ~・・・廃業なんて、残念だなぁ。

でも、考えてみれば、田中は廃業するんじゃないかと言う噂は、前々からありましたし、むしろ今まで頑張ってくれたと考えるべきかも知れません。
目の前にある高友旅館も、一昔前は「新田中温泉」なんて呼ばれていた時期があるようです。そんな歴史ある温泉が廃れてしまうなんて、これも時代の流れなのかな?
お湯自体が枯れた訳ではないので、今後は何か別の形で残るかも知れません。今後も湧き続けるであろう田中温泉を、陰ながら応援していきたいと思いました。

田中旅館、お疲れ様でしたと言う気持ちでいっぱいです。
少し名残惜しさを感じながらその場を後にしました。
願わくば、こんな思いは、もう他所ではしたくないものです・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました