宮城県 鬼首温泉

鬼首かんけつ泉 (鬼首温泉) ★3.5

単純温泉・・・ かな?

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上12
0229-86-2233
【入園料】大人500円 小中学生200円(税込)未就学児 無料
3月中旬〜4月下旬 10:00〜15:00
4月下旬〜11月 9:00〜16:30

鬼首温泉にあるかんけつ泉です。
どうでもいいけど、鬼首と書いて「おにこうべ」と読みます。

かんけつ泉とは一定の間隔で温泉が地中からぴゅ~!って噴き出す天然の噴水です。ここ鬼首以外だと別府や諏訪湖が有名です。(ちなみに諏訪湖のは今は人口的に噴出させているらしいですね)

ここはその間欠泉を見学出来る観光施設です。
入場料を払って中に入ると間欠泉があり、ぴゅ~!って噴き出しています。観光客の姿もチラホラとあり、皆さん天然の噴水を見て楽しまれた後は、手湯や足湯をしたりして、気が済んだらお土産なんぞ眺めたり買ったりして頂いてお帰り頂くという、まぁ、そういった感じの、観光施設なわけですが・・・

その一角にどう見ても露天風呂があるんです。
あれ? これ本当に露天風呂で合っているのかな? 足湯は足湯として別にちゃんとありますが、これも足湯の一部なんじゃないかな? って、少し不安になります。
けどよく見るとちゃんと脱衣所があって籠も置かれています。お入りくださいとも、入るなとも書かれていません。でもこれは誰がどう見ても露天風呂です。

と言うわけで、気持ちよく入浴させて頂きました。

ちなみにこの露天風呂に入るのは2度目です。
その前に来たのは2004年8月1日の話、だいぶ前ですが、その時からほとんど変わっていませんでした。
違ったのは唯一、今回は季節のせいか、落ち葉の量が凄いです。そしてちょっと温い。

あまり清掃はされていない様子で、湯底は苔でニュルニュルしています。文句言うのも間違っている気もしますし、あまり気になりません。
これが野湯だと考えたらすこぶる快適です。
ほんのり温泉臭のするお湯で気持ちが良いです。間欠泉が吹き上がると暖かいお湯が湯舟に流れ込んできます。
湯舟に張られたお湯の鮮度はお世辞にもよくはありませんが、間欠泉で沸いた直後のお湯に浸かる事が出来ていると思うと実に気分が良いです。
凄まじい量の落ち葉も、紅葉を見ながら入る演出の一つだと思えば許せる・・・ かも?
何はともあれ解放感は素晴らしいです。

ただ、間欠泉が止まると、それに合わせて間欠泉を見終わった観光客の皆さんもやってきます。
最初は「あれ? 露天風呂があるよ?」なんて普通にしていた話声が、私達の事を発見して「うわ!人が入ってる!」と小声に変わるのが面白いです。
まぁ、そりゃそうですよね、ビックリしますよね。
唯一の救いは、あまり目立たない場所にあるって事くらいでしょうか。そのまま気付かずに帰っちゃう方も多いので、もしかしたら穴場なのかもしれませんね。

入浴するには少しだけ度胸が必要ですが、我が家は紅鮭も一緒に家族で普通に入れましたので、そこまで難易度は高くないんじゃないかな?
いざとなったらよしずの陰に隠れる事も出来ますので、パートナーの男性がしっかり守ってあげれば女性でも入りやすいと思いますよ。

ご入浴の際は自己責任で・・・

2018.11.11

コメント

タイトルとURLをコピーしました