岩手県繋温泉

盛岡市立つなぎ老人憩いの家 (繋温泉) ★4.0

単純硫黄泉
(至光の湯、新瑞光の湯・混合泉)
65.3度 / ph9.1 / H18.11.21
Na+ = 163.3 / K+ = 3.5 / Ca++ = 11.9
Cl- = 105.7 / F- = 4.5 / SO4– = 200.8
HCO3- = 12.2 / CO3– = 15.3 / S2O3– = 2.4
H2SiO3 = 68.7 / HBO2 = 3 / 成分総計 = 592.6mg

岩手県盛岡市繋字舘市100-10
019-689-2901
男女別内湯
500円
6:00 – 21:30

友人と一緒に盛岡周辺をブラブラしていた時、さてどこか温泉に入ろうとなり、立寄ったのがココ、繋温泉の老人憩いの家です。
旅館などが立ち並ぶ温泉街を少しだけ外れた所にあり、意識して探さなければ見落としてしまいそうな外観をしていました。
中に入ると、受付におばちゃん。老人憩いの家とありますが、私みたいな他所者の若造(若いと言っても、既に三十路突入w)でも利用出来ます。
利用料金は500円。関東で考える500円は高くありませんが、岩手でこの金額は
少し割高に感じてしまいます・・・

お風呂は男女別で、内湯のみです。まるで共 同浴場のようなシンプルな造り。
昔は繋温泉にも共同浴場があったと聞きますが、今は無く、代わりにココが共同浴場代わりに利用されているみたいです。
タイル張りの浴室で、左に湯船、右にカランが並んでいます。

湯船に張られたお湯は、無色透明。ほんのり 硫黄臭が鼻先をくすぐる、なかなか気持ちが良いお湯です。結構熱めで、44度くらいでしょうか。
じっくり観察すると、僅かながら白い湯花が舞っています。肌ざわりはトロトロで柔らかく、鮮度も良いです。一度お湯に浸かると、その気持ち良さでなかなか出れません。
湯口からは50度以上ある熱い源泉が注がれています。

お湯から出ると、温まり過ぎたのか、なかなか汗が止まりません。硫酸成分が多いので、肌がサラッと乾くかと思いましたが、どうやらそれ以上に温まってしまったようです。
ふと、カランを捻ると、そこからも心地良い硫黄臭がするお湯が出てきました。
そのままだと熱すぎるので、水を加えて温度を適温に下げるのですが、カランから出たばかりのお湯が鮮度悪いはずありません。
気持ち良く、何度も掛け湯してフレッシュなお湯を楽しみました。

こんな共同浴場が地元にあったら、毎日通ってしまいそうです。
ここは大変気に入りました!時間帯によっては、地元の方が多く訪れそうな所ですので、時間を見計らって利用
すると良さそうですね。繋温泉でも特にお勧め出来る、素敵な一湯でした!

2009-5/9

コメント

タイトルとURLをコピーしました