嶽温泉 青森県

民宿山七 (嶽温泉) ★4.5

最終入湯日 : 2006-5/2

酸性-カルシウム-塩化物・硫 酸塩泉
(嶽温泉旅館組合4号~8号集湯槽)
45.5度 / ph2.0 / 1020L(動力)
Na+ = 135.5 / K+ = 25.4 / Mg++ = 49.3 / Ca++ = 265.7
Al+++ = 68 / Mn++ = 5.6 / Fe++ = 10.5 / Cl- = 1118
HSO4– = 128.9 / SO4– = 382.7 H2SiO3 = 168.7 / HBO = 21.7
H2So4 = 3.3 / 成分総量 = 2405mg

青森県弘前市常盤野湯の沢
0172-83-2069
男女別内湯
350円
要確認

嶽温泉の中心地にある民宿です。お土産屋さんの並びにある酒屋と同じ建物にあり、簡単に見つける事が出来ました。
私がこの一つ前に入った「山楽」からは数軒分しか離れていません。
中はちょっとヒッソリとしている感じで、山楽のような賑わいはありませんが、その代わりに静かに寛ぐことが出来そうなところです。
日帰り入浴をお願いすると、快く受け入れてくれました。

お風呂は内湯のみで、勿論男女別に分かれています。
小ぶりな脱衣所で服を脱ぎ、お風呂に入った瞬間にビックリしました。
なんと、真っ白なのです。天井、床、壁、全て真っ白で、真っ白な湯船に青いお湯が張られており、神々しいほどに美しい浴室です。
何だかモダンアートのような造りで、実際以上に広く感じる不思議な空間になっていました。
次に、浴室に一歩足を踏み入れると、さらにビックリする事がっ・・・!?
ナント、ツルリと滑ってすっ転んでしまったのです。
(って、それってただの不注意?^^;)
それにしても滑りやすい床なので、私のレポ見た人は気をつけて入ってね。

さて、肝心のお湯ですが、山楽と同じ、嶽温泉の共有源泉が使用されています。
と言う事で、全く同じ印象・・・と、思いきや、これが全然違うんで更にビックリ!
一言で言うと、「濃い」です。強硫黄臭と、粘土のようなコッテリした臭いが漂い、少々熱め。沁みこんで来るような感覚がとても心地が良いです。
青みがかって透明だったお湯でしたが、湯底に白い湯花が沈殿しており、入浴してかき混ぜたところ真っ白に濁りました。

ちなみに、ツルツルで滑りやすい床ですが、突起物が無いので、トドになっても背中がゴツゴツしないのでとても居心地良いです。
他に利用者がいなかったので、予定以上にゆっくりしてしまいました。

お湯の良さは勿論ですが、浴室も個性的で、とても気に入りました。
是非とも宿泊して利用したい一湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました