青森県

国民保養センター花岡荘 (女鹿沢温泉) ★4.0

最終入湯日:2007-11/10

ナトリウム-塩化物泉
(花岡温泉) 47.3度 / H17.5.17
Na+ = 2160 / K+ = 84.1 / Ca++ = 91.4 / Mg++ = 1.4
MH4+ = 1.1 / Cl- = 3379 / Br- = 10.7 / SO4– = 184.3
F- = 9 / HCO3– = 124.8 / CO3– = 20.3 / H2SiO3 = 167.8
HBO2 = 19.2 / 成分総計 = 6254mg

青森県青森市浪岡大字女鹿沢字野尻14-1
0172-62-3023
男女別内湯
250円
7:00-20:00

地元のお年寄りなどが訪れる、所謂センター系なのですが、ちょっと年季が入ってくたびれた感じすら漂う施設です。
友人の案内で到着しました。
ちなみに、ココに車での途中、友人の車後部座席でぐっすり眠っておりましたので、途中の道のりとかサッパリ分かりません。
「ついたよー!」と起こされ、頭が半分冴えなくフラフラしながら施設の中へ入りました。

内部は結構広いです。前述の通り、使い込まれた感じは漂っていますが、ところどころに凝ったデザインを見ることが出来ます。
それがこれ、BATHとかWCと書かれている壁の絵。
一見すると何だか分からないのですが、気づくと「ほー」って感じです。
でも、なんか、デザインの印象がバブル期って気がするのは私だけでしょうか?

さて、お風呂。勿論男女はちゃんと別れており、内湯のみです。
施設自体は多目的に作られているのか、結構広いですが、お風呂はシンプルでコンパクト。
タイル張りの浴室で、左手に湯船、右手に洗い場、奥に打たせ湯があります。
ちょうど西日に照らされて、タイルのオレンジ色が輝き、明るくとても綺麗に映えていました

さて、お湯。薄いコーラ色をしており、モール系である事が分かります。
湯口からお湯がドカドカと注がれており、溢れたお湯が湯船から盛大に溢れていました。
源泉温度が熱いようで、湯口には源泉のほかに、水も一緒に加えられています。
源泉100%でないのはちょっとだけ残念な気がしないでもありませんが、加水量は僅かなので、あまり影響無いかな?
ともあれ、この湯量にはかなり圧倒させられます。

中に入ると、とても肌触りがツルツルするもので、気持ちが良いです。
暫くじっとしていると、僅かながら気泡も付着し、お湯の鮮度が非常に高い事が分かります。
そして、何より嬉しいのがその香りで、モール臭に混じって僅かに薬臭にもにたアブラ臭がするではありませんか!
湯口のお湯の臭いを嗅いで確認すると、ハッキリとその特徴が分かります。
口に含むとダシの利いた塩味がします。
これはスバラシー!思わずニンマリ。
寝起きで冴えなかった頭が、シャキッと目覚めるような、素晴らしい浴感です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました